FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

丹沢表尾根

丹沢表尾根

山名・山域 : 丹沢

山行期間 : 2016年5月19日

山行目的 : 体調管理

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム:
ヤビツ峠9:15→三の塔10:40→新大日12:10→塔の岳12:50:13:35→大倉15:50   
天気;晴れ

このところ好天が続くので急に山に行こうと思い立ち、近場の丹沢に行ってきた。平日にも関わらずバスは満員で9時過ぎヤビツ到着。
湿度が少なくカラッとした中、やや強めの風が心地よい。三の塔まではゆっくりと登る。ここからは塔の岳までの縦走路が見渡せて足取りも軽い。また富士山が良く見渡せた。ところどころには木道が整備され歩きやすい。行者ヶ岳近辺からはミツバツツジが咲き揃い綺麗だった。また、シロヤシオも咲いていた。足元の藪からは鶯が、遠くの山からはホトトギスの鳴き声が聞こえ爽快だ。
新大日から塔の岳間では道路の一部が崩落しており、迂回路の工事中であった。塔の岳頂上は若者、中高年の山愛好者で賑わっていた。下山道も多くの個所で木道が整備されていた。
好天と爽やかな風が最高のごちそうであった。帰路の途中、鶴巻温泉の弘法の湯がリニューアルされたそうで立ち寄った。綺麗な建物・内装で、65歳以上は2時間以内ならば600円とお得感があった。
体調管理の為にはちょうど良い山行であった。
スポンサーサイト



[ 2016/05/24 12:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鍋割山

鍋割山

山名・山域 : 鍋割山・丹沢

山行期間 : 2016年5月21日

山行目的 : 方形区調査・健康度調査

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム:
渋沢駅からタクシーで二俣へ 二俣 7:50 → (小丸尾根) → 10:30 鍋割山稜尾根出合 ※方形区調査 10:40~12:20 → 12:20 → 鍋割山山頂 12:50 (昼食休憩)13:20 → 後沢乗越 14:20 → 二俣 14:50 → 大倉 16:10
天気:晴れ

・二俣の駐車スペースは既に満車状態で道の脇も車が駐車。
 ・登山道は整備されたいるが、一部わかりにくいところあり。
 ・渡渉部分は今は丸太橋が掛けられている。
 ・鍋割山稜はなだらかで歩きやすい道。一部自然保護のため木道。
 ・尾根つたいに、トウゴクミツバツツジが見頃で美しかった。春ゼミの声も。
 ・16時10分の秦野行バスで帰浜
  ※方形区調査について
   鍋割山稜の大丸付近で毎年、この時期に同じ場所を調査。ブナの実生数と幼木の数を数える。ブナを含む木々の生育具合を調査して記録している。
   今年は昨年秋のブナの結実が豊作なこともあり実生数が多かった 

3_20160522125020d89.jpg
2_20160522125018559.jpg
1_20160522125017984.jpg
[ 2016/05/22 12:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

関八州見晴台

関八州見晴台

山名・山域 : 奥武蔵西武秩父線沿線の山

山行期間 : 2016年5月14日

山行目的 : 奥武蔵の新緑を歩く

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
西武線西吾野駅927・933―大滝―白滝―高山不動尊1107・1120―関八州見晴台(高山不動尊奥院)1140・1205
―黒山三滝1315―笠杉峠1400―顔振峠1430・1505―吾野駅1540

見晴台という名前からくるイメージとはやや違ったコースでした。500m登った後400m降り、また300m登り返す結構ハードな一日となりました。
西吾野駅前を右折し人々の暮らしのある里山を歩きます。途中大滝や白滝といった沢に架かる小さな滝を見物しながら徐々に高度を上げて行くと高山不動尊が見え隠れしてきます。山全体が不動尊の敷地でお堂が階段状に建てられ、なかなかの規模でした。
見晴台は古くは本堂があった頂で今は奥ノ院となっています。ここからの遠景は当に名前のとおり絶景でした。南には遠く大山や丹沢の峰々が並び、別の角度で奥武蔵の山々や奥多摩が直ぐそこに見えます。秋の紅葉の頃は更に良いのではないかと思います。
ここで大休止の後、黒山三滝に向かいました。相方が「山全体が良い香りがする」と言っていましたが、確かに山域が「丹沢などの神奈川の山とは違った女性的な雰囲気」をもっていました。
黒山三滝は観光地で、バス停からも見物人が足を運んでいましたが、行者が滝に打たれて気合を入れていました。
笠杉峠への登りは沢沿いに、最後の急登が結構足にくる登山道でした。峠は舗装された林道と関東ふれあいの道が交差し、人の往来が多く深山幽谷の雰囲気とはまた違った風が吹いていました。
顔振峠は「昔、義経と弁慶が何度も振り返りながら峠を越えて行った」由緒ある場所で茶店が二軒営業していました。テラス状の店構えで景色を見ながらゆっくりと休憩することができました。
帰路は歩きやすい下り道を40分弱で吾野駅に着きました。オーバーユースの山域と違って登山道の抉れがなく、膝に優しい奥武蔵らしい道でした。16時過ぎの西武線は飯能で東横線直通と繋がっており、18時には横浜駅の喧噪のなかに居ました。天候に恵まれ「それなりに歩けた有意義な休日」となりました。


IMG_1265 (500x375)
IMG_1266 (500x375)
IMG_1267 (375x500)
[ 2016/05/19 15:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上高地散策

上高地散策

山名・山域 : 上高地

山行期間 : 2016年5月11日~12日

山行目的 : 上高地散策

参 加 者 : 3名

 午前6時。風が強い中、家から歩いて10分のYさんの所に行く。
風は強いものの雨は降っていない。なんとか許せるお天気。
中央高速はすいて上高地に10時過ぎに到着。霧雨。
沢渡からのタクシー運転手さんのお話・・・。
シラカバとダケカンバの違いは?・・
「1500mを境に下がシラカバ、上がダケカンバである」、「梓川の濁流も明日には綺麗になる」(ホントにそうなった)、「今はニリンソウではなく独身ソウ」(まだ一輪花という事)などなど・・。
とても面白くて、上高地までがあっという間のお話であった。
観光センターで身支度を整え、おにぎりなどを食べ小休憩。
そこは、外国語が飛び交い外国かと思える程であった。
昔はそん事がなかったかナ~。
計画書を届け、小雨の中、明神へと歩を進めた。
霧雨の中の新緑と空気がとても心地良く、鼻で空気を一杯に吸いながら明神に到着した。美味しい安曇野ヨーグルトを食べ大満足。
それからは、道が壊れていたので、対岸の道に渡り、歩き、また橋を渡りなおした。途中、見慣れない花もあり、ゆっくり観察しながら歩いた。
ほどなくハルニレの点在した心地よい草原、徳澤園に到着。
そこはニリンソウの大群生があり、何とも可憐で可愛らしい花々であった。
いつも素通りで、中に入る事もなかった徳澤園。
とても歴史を感じさせる素敵なホテルだった。
中は、清潔で生き生きしたお花や絵が飾られていて、お風呂や寝る場所も何もかもがお洒落でステキだった。
しかもあの井上靖「氷壁」の宿でもあり感慨深い。
暖炉のある部屋でゆっくり火を見ながら寛いだ後、美味しい心の込められた食事を頂いた。
目の前を憧れの山にして、こんな散策旅もありかな?とも思った。
翌日は快晴。
ゆっくりと前穂高東壁、陽の光で一気に開いたニリンソウ、愛らしいサルの親子などを見ながら上高地着。
奥穂高から前穂高の山並みを見ながらまた縦走しようと思いを馳せた。
目に染みるような新緑を焼き付けながら上高地を後にし、渋温泉へと向かった。
こんな散策旅もいいかナ~。


上高地 (500x375)
新村橋 (1) (500x375)
徳澤園 (500x375)
ニリンソウ (453x341)
おさるの親子 (500x375)
[ 2016/05/19 15:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

権現山

文字色権現山

山名・山域 : 権現山~扇山

山行期間 : 2016年5月8日

山行目的 : 人の訪れが少ない山へ

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム:
上野原駅 8:30発 松姫峠バスに乗車
初戸(はど)バス停下車9:05 → 雨降山 10:50 → 権現山 11:40 (昼食40分)→ 12:20 → 浅川峠 13:05 → 扇山 14:00 → 大滝不動 14:55 → 君恋温泉 15:10 → タクシー利用(3,000円)四方津駅 17:00 → 17:21発の高尾駅行へ乗車して帰浜   天気:晴れ

初戸でバスを降りたら、前方に権現山への標識あり、民家の脇を歩き、山道に入るとすぐ川を渡る。
今日登る玄房尾根は雨降山の北側の尾根で、尾根の東斜面はヒノキの植林、西側は自然林が多く、雨降山まで
日蔭の中、涼しくさわやかな気分で登ることができた。雨降山からはなだらかで権現山山頂直下で急な登りを少し頑張ると山頂です。山頂からは、春霞で見えないであろうと思っていた富士山がみえました。ゆっくりと昼食休憩をとりました。
権現山から扇山への道は、だいぶ下って峠までの距離は思ったより長かった。登り返してからは1時間ほどで扇山山頂。富士山は雲に隠れてしまっていましたが、丹沢山系(加入道山)が見えました。
ここからは、君恋温泉の標識が随所にあり、これに従って下ると目の前が君恋温泉。
家庭的なお風呂(500円)ですが、畳部屋の休憩室もありビールにサービスのつまみ(手作り田楽に筍煮)がついて満足。


DSCN0449 (500x375)
DSCN0451 (500x375)
[ 2016/05/19 15:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

加入道山 檜洞丸

加入道山 檜洞丸

山名・山域 : 西丹沢(白石沢~加入道山~犬越路~檜洞丸)

山行期間 : 2016年5月7日~8日

山行目的 : 西丹沢(白石沢~加入道山~犬越路~檜洞丸)

参 加 者 : 6名

ルート、コースタイム:
7日 1100西丹沢自然教室―1400白石峠―1420加入道山(避難小屋泊)
8日 600加入道山―720大室山―840犬越路―1130檜洞丸―1420西丹沢自然教室 

加入道山は神奈川県と山梨県の県境に位置する標高1418.4mの山である。
  西丹沢奥地にある山なのでアクセスが悪く今まで思い立ったことが無かった。
今回加入道山山頂の避難小屋が建て替えられ、その避難小屋に一泊して犬越路、檜洞丸を経て西丹沢
自然教室に戻る周遊コースが企画されたので参加することにした。

7日 我ら6名は西丹沢自然教室から北へ車道を歩き始めた。林道終点からは沢沿いの道を渡渉を繰り返し
   ながら高度を上げた。水の枯れた沢をつめて一登りすると白石峠だ。尾根道を右折し、しばらく進むと
   加入道山山頂にたどり着く。展望こそ無いものの5月の新緑が美しく、素晴らしい天気にも恵まれて
   一同至福の時を過ごした。おまけに新築の小屋が貸切状態であったため、その夜は大いに
   盛り上がったのは言うまでもない。

8日 翌日は早朝に小屋を出て大室山を目指した。この日も晴天で緑の山並みの向こうに富士山がくっきりと
   美しい。大室山は加入道山から犬越路へ向かう途中にあるが、ルートから少し外れるので山頂まで
   ピストンだ。ルートに戻り、ひたすら下り続けると犬越路に到着する。犬越路の名称は戦国時代に
   武田信玄が小田原城を攻める際に犬を先導させたという故事に由来する。犬越路からの登りは本コース
   最大の難所である。急な岩場やくさり場が連続して待ち受けている。当難所を超えると赤やしろや白
   やしろが咲いていてほっとさせてくれる。木製の階段や渡り歩廊を経て山頂にたどり着く。
   山頂で一休みした後、つつじ新道経由で下山した。下山後は山北駅隣接の「さくらの湯」で汗を流し
   駅前の居酒屋で反省会をして散会とした。

反省点:○ 先頭を歩く人はパーティがまとまって歩けるようペース配分に気をつける。
    ○ シュラフ下に敷くマットはザックに立て向きにくくりつける。(横向きでは行動中いろんな所に
      ぶつかる)
    ○ 岩場を登るときは細かく手がかり/足がかりとなる窪みをこまかくひろう。(一気に上がると
      疲労度があがる)


P1080452 (500x282)
P1080462 (500x282)
P1080466 (500x282)
P1080478 (500x282)
P1080480 (500x282)
P1080498 (500x282)
P1080475 (500x282)
P1080492 (500x282)
P1080502 (500x282)


[ 2016/05/19 15:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鷹取山岩トレ

鷹取山岩トレ

山名・山域 : 鷹取山(三浦半島

山行期間 : 2016年4月23日

山行目的 : 岩登りトレーニング

参 加 者 : 4名

ルート、コースタイム:
追浜駅〜鷹取山岩場 徒歩約30分
トレーニング時間 9:30~14:30

追浜駅で待合わせ西口に出て湘南病院の右に抜け、坂道を登る。住宅街を何回か曲がり暫く歩くと右手にある西友の前を過ぎて鷹取小学校の前を通り過ぎて坂道を登ると鷹取山公園の広場に出る。
トレーニングの岩場は公園右手の岩峰で行いました。トップロープをセットして各自久しぶりの岩登りを楽しみながら登る。Iさんは外の岩トレは初めてでしたが、無難にこなしていました。
今日は見学者にたくさん来て頂き、IさんとSさん+犬2匹と元会員のM夫妻に暖かく見守って頂きました。
午前中の天気は曇りでしたが、午後になると強烈な日差しでかなり日焼けしました。
昼食後は、右横の垂直壁のコーナーにトップロープをセットして登って懸垂下降の練習を行いました。
久しぶりの岩トレで皆さん満足感と疲労感が出ていたので早めでしたが終了としました。
反省会は追浜駅前に4月にオープンしたばかりのチェーン店「磯丸」で行いました。


P1080321 (500x375)
P1080347 (500x375)
P1080363 (375x500)
P1080374 (375x500)
P1080388 (500x335)
[ 2016/05/19 14:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

奥多摩(酉谷山)

奥多摩(酉谷山)

名・山域 : 天目山~酉谷山~天祖山(奥多摩)

山行期間 : 2016年4月29日~30日

山行目的 : 静かな山 

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム:
奥多摩駅 10:58発 東日原行きのバスに乗車
1日目  東日原 11:50 → 滝入ノ峰 12:50 (昼食15分) → 一杯水避難小屋 15:00(泊)
2日目 杯水避難小屋 5:05 → 天目山 5:40 → 酉谷避難小屋 8:35(朝食)→ 9:00→ 滝谷峰ヘリポート 10:00 → 水松山分岐 10:40 → 梯子坂のクビレ 11:05 → (昼食15分)→ 天祖山 12:15 → 八丁橋 13:50 → 東日原 14:45 、14:50東日原発のバスに乗り奥多摩駅へ
天気:晴れ

29日朝JR奥多摩ホリデーが、朝、運休・遅延になり、予定が大幅(2時間半)に遅れ、11時近くのバスで東日原へ。そこで、荷物の調整と水の補給(トイレ有り)。登山口はバス停から奥多摩方面へ少し戻った左手に標識がある。道は歩きやすいものの急登が続く。ヨコスズ尾根につくと、傾斜は緩やかになりミツバツツジが咲いており、自然林の間から展望も得られた。1時間歩いただけだが、ここで昼食とした。
 風は冷たく、汗をかくこともなく若葉の綺麗な中を歩き、一杯水避難小屋についた。既に15時のため、今日はここで泊まることとした。一杯水避難小屋は比較的大きく、今日は8人利用。外には3つのテント。
 4時前から食事の用意をして、6時には全員就寝。夜は風が強く満点の星空でした。冷え込みが厳しく雨具を着て寝袋に入っても寒いくらい。
朝、小屋の温度計はマイナス2度。朝ご飯は、酉谷小屋で食べることとして5時に出発。天目山は直ぐで、棒の折れから雲取までの山々が眺められる。大菩薩?の向こうには富士山が眺められた。このあと、ずっと左手木々の間に富士山を眺めならの、稜線歩きでとても快適。
 酉谷小屋は、傾斜地に建ち展望がすこぶるよい。小屋の前には水場がある。快適なこの場所で朝食とした。(小屋は小ぶりで、テントを張る場所はない。)
 水松山までは、ずっとなだらか心地よい道でしたが、天祖山への登りは急登で、2日目の疲れた体に堪えた。天祖山からは一気に下る。傾斜が急で、落ち葉に足を滑らせたり、崩れやすいガレ道も途中にある。ミツバツツジが沢山咲いている場所があり癒された。急な下りが長く続き、登るのは大変そうだ。林道に出逢うと日原渓谷沿いで若葉の間から、渓流が美しい。バスの時間に間に合うように早足で歩いた。

 反省点
 電車の遅れにより、一杯水避難小屋利用となり、返って良かった。酉谷避難小屋は小さくテン場もない。
 避難小屋利用の場合、テン場もあるかどうか調べるべきでした。


写本 -DSCN0387 (400x300)
写本 -DSCN0379 (400x300)
写本 -DSCN0404 (400x300)
写本 -DSCN0405 (400x300)
写本 -DSCN0410 (400x300)
写本 -DSCN0419 (400x300)
写本 -DSCN0420 (400x300)
[ 2016/05/19 13:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

南八ヶ岳 硫黄岳

南八ヶ岳 硫黄岳

山名・山域 : 八ヶ岳連峰南部 硫黄岳

山行期間 : 2016年4月29日~30日

山行目的 : 春山を楽しむ

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
29日 1300美濃戸口―1340美濃戸―1545赤岳鉱泉
30日 630鉱泉幕営地―809松の木の頭―840硫黄岳頂上(旧ロボット雨量計)―1025赤岳鉱泉 

29日 久し振りの美濃戸は連休初日にも関わらず「牧歌的なのんびりした雰囲気」で閑散としている。
  今日はテントを張るだけなのでゆっくり歩いて北沢沿いの登山道に入る。雪は無い。
  何回か渡渉を繰り返し、見覚えのある樹林帯を抜け幕営地の赤岳鉱泉に着く。
  何組かのパーティが宴会モードで騒いでいる。我々も早速ザックから荷を取り出して雰囲気に溶け込む。
  昨年より気温は確実に低い。風も冷たく、明け方は氷点下になりそうだ。

30日 寒い朝だ。支度をして硫黄岳を目指す。登山道に雪が現れ、まずい事に凍ってアイスバーン状だ。
  大昔、会でアイスクライミング合宿をしたジョーゴ沢を右に分ける。ゴーゴーと流水が音をたてている
  (地球温暖化のせいか?)。樹林帯の中の登山道が九十九折状に変わり、急登を行く。
  ノーアイゼンでだましだまし歩く。暫くすると周囲が明るくなり稜線が見え隠れする。直ぐに松の木の頭だ。
  何人かの登山者と会話を交わす。ここからは最後の登りで岩場を抜け、のっぺりとした硫黄岳頂上に着く。
  折からのピーカンで360度大パノラマを満喫する。八ヶ岳連峰を南と北に分ける稜線なので素晴らしい景色 
  を提供してくれる。遠く南アルプスも雪を被って輝いている。ただ風は冷たく「凍傷」のリスクも感じる。
  長居は無用と下山を開始する。アイゼンを付けサクサクと登山道を下る。

  赤岳鉱泉に戻り撤収する。往路を美濃戸口まで戻り、風呂に入る。「よく歩きました」・・充実した満足の時間帯だ。予定より早く  茅野まで戻り、タイミング良く「はまかいじ」に間にあう。
  車窓から北の空に不気味な一枚雲が急速に広がっていくのを見る。「北アルプス」の荒天の兆しだったのか。
  こちらは今年も天候に恵まれ「春山」を楽しむことができた。相方と留守宅に感謝 感謝。


八ヶ岳2 (400x225)
八ヶ岳 (400x225)
[ 2016/05/19 13:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)