FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

鎌倉ハイク

鎌倉ハイク

山名・山域 : 鎌倉・逗子

山行期間 : 2016年4月26日

山行目的 : ハイキング

参 加 者 : 10名

ルート、コースタイム:
9:30JR北鎌倉駅→明月院ハイキングコース入口(建長寺見晴台)→10:30今泉住宅十字路→10:40散在が池入口 (池周回・昼食)→12:00今泉住宅十字路→覚園寺コース(鎌倉宮・杉本寺方面)→12:40犬懸橋→13:00衣張山(休憩)→パノラマ台・大切岸→14::30曼荼羅堂跡→15:00安国論寺→15:30JR鎌倉駅

小学生の団体で北鎌倉駅はごった返していました。
明月院方面に折れる人は運良く殆どいません。明月院手前を左に道なりに行くと覚園寺と天園ハイキングコースの標識があります。天園ハイキングコースへの坂道を上り山道へ。
階段を上り詰め、ゆったりペースで建長寺の見晴台で衣類調整、ひと休み。
遠くに江ノ島、稲村ガ崎、静かな凪の海、建長寺を眼下の景色を満喫。今日は天気も良く、ハイキング日和です。
今泉住宅十字路から散在が池に向かい、のんびり小径コースをひとまわりです。
紅葉の若葉が涼しげの中、会話も弾み、岩たばこの群生には目を見張りした。花の時期は圧巻と思います。
北口のベンチで早い昼食を戴いてのんびりしました。
覚園寺へのコースはなだらかです。
鎌倉宮から10分ほどで犬懸橋、300段ほどの階段の山道を登り、道祖神が出迎えてくれると、頂上はまもなくです。富士山が望めないのは残念でしたが、逗子の海が遠くまで見渡せました。
パノラマ台に寄り、名越切通しへ向かいます。大切岸の石切り場跡で休憩し、曼荼羅堂跡でやぐら群を覗きました。(平日は公開していません。)
名越切通しで、逗子駅に向かう二人とお別れし、鎌倉駅に向かいました。安国論寺、安養院、Iさんゆかりの
本覚寺をお参りし、用事の無い五人で反省会をしました。
時間を気にせずの、のんびりした楽しい、ハイキングらしいハイキングでした。
休憩時間が長すぎたこともあり、タイムオーバーしてしまいました。
Mさんが磁北線地図を用意して下さったのですが、読図が出来ませんでした。申し訳ありませんでした。
次回宜しくお願いします。


P1080393 (400x273)
P1080395 (400x267)
P1080411 (400x225)
P1080419 (400x225)
P1080427 (400x225)
P1080431 (400x225)
P1080435 (400x225)
スポンサーサイト



[ 2016/04/29 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

北高尾山

北高尾山

山名・山域 : 北高尾山稜

山行期間 : 2016年4月24日

山行目的 : ハイキング

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
1日目8:35(高尾駅)➡9:00(八王子城跡)➡9:25(八王子神社)➡10:14(富士見台)➡11:00(孤塚峠)➡12:47(堂所山)➡13:47(底沢)

高尾駅は登山客ごったがえしている。雨も降りだした。が八王子城行きには数人しか乗車しなかった。
登山口はなかなか雰囲気が良いところです。曲輪などの残る趣のある道を登り八王子城跡に至る。
全く展望がない登山道ですが静かな山道、小さなアップダウンが何回も続き、孤塚峠、関場峠と通り
北山稜では一番高い堂所山に到着する。そこは景信山への分岐で以前縦走した(陣馬から高尾山)の
関東ふれあいの道と一部重なる。しばらく歩くと底沢峠で、そこからはひたすら下り底沢バス停を目指す。
車道に出ると急に人が出てきた。小仏峠からの下山者です。高尾山の北や南は歩くコースもたくさんあって
楽しめると思う。途中道を間違え、高尾といえども少しヒヤットした。昼まで雨の中の歩きであったが
新緑の季節で気持ちの良い山歩きでした。ありがとうございました


IMG_1269 (400x400)
IMG_1270 (400x400)
IMG_1277 (400x400)
IMG_1275 (400x400)
IMG_1273 (400x400)
IMG_1272 (400x400)
IMG_1271 (400x400)
[ 2016/04/29 15:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

滝子山

滝子山

山名・山域 : 滝子山 大菩薩連嶺

山行期間 : 2016年4月23日

山行目的 : 富嶽十二景

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム:
笹子駅 8:00着
笹子駅8:00 → 吉久保入口8:15 → 道証地蔵9:00 → 滝子山山頂11:25 → 昼食休憩(15分)11:40 → 桧平12:50 → 林道出会い13:40 → 初狩駅14:15 
初狩駅発 14:41発 高尾行きで帰浜
天気:曇り→晴れ

予定より10分ほど早く家をでたところ、予定の30分も前に笹子駅に着いた。笹子餅のお店が開いていたので購入。(美味しかった。)急ぎ足で国道を歩いていると、登山姿の男性に追い越されたので、頑張って後ろをついていったが、林道に入ると急な登りになり、頑張ってもそのうち姿が見えなくなってしまった。一人登山なのでちょっと不安。他に登山者らしき人はいない。送電線と並行してきたことで、そろそろ登山口は近いと判断。右側に小さい色白の道証(みちあかし)地蔵があり登山口の標識もあった。すぐ沢を渡り、山腹を絡んで急な登り。しばらく登りが続くと、再び沢が近づく。沢は水量が多く小さな滝やナメが続き若葉の緑の間に美しい。沢から離れて登りになると視界が開け、大鹿山への分岐につく。曇っていた空が明るくなり始めた。ここで標識が右(悪路)左(迂回路)になったので、迂回路を選んだ。このあたりは、ミツバツツジが咲いていて綺麗だった。(昨年の5月上旬、笹子雁が腹摺山では咲き終わった後だったので、今年は今頃が見頃ではと、期待していた。)潰れた作業小屋あたりになると沢は脇を流れるようになり、このあたりには、変わった花が咲いていた。
 やがて、尾根上の開けた平坦地につく。右手に樹齢の長そうなブナ林があり、ふりかえると下界が展望できた。山頂手前の鎮西池は、池とは言えないくらい小さい、脇に鳥居があった。この後、巻き気味に急登ですぐ山頂。山頂には10人くらいのクループの他2人いた。山頂に着いたころ、下界から霧が昇ってきて視界がなくなってしまった。北側すぐ手前の大谷が丸の山頂が見える程度。山頂の芽吹きはこれからという感じ。ここで昼食をとった。
 下山は初狩方面の尾根へ。桧平付近の南斜面には、ミツバツツジがあちらこちらに咲いており、目を楽しませてくれた。
 滝子山は登り下りとも沢が近くにあり、沢音を聞きながら気持ちよく歩ける。今日は、展望はないものの、花が綺麗でよかった。また、登ってみたい山の一つになった。次回は紅葉の時期がいい。


写本 -DSCN0349 (400x300)
写本 -DSCN0343 (400x300)
写本 -DSCN0333 (400x300)
写本 -DSCN0362 (400x300)
写本 -DSCN0354 (400x300)
写本 -DSCN0326 (400x300)

  

[ 2016/04/29 15:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

伊豆ガ岳

伊豆ガ岳

山名・山域 : 奥武蔵 伊豆ガ岳

山行期間 : 2016年4月10日

山行目的 : 奥武蔵に親しみ人気の山を歩く

参 加 者 : 6名

ルート、コースタイム:
840西武秩父線正丸駅―905正丸峠分岐―955五輪山1005―男坂―1024伊豆ガ岳1030―1048古御岳―1115高畑山1140―1210天目指峠―1255子の権現天龍寺1310―1330浅見茶屋1410―1455西武線吾野駅 (全行程 6時間15分)

○827定刻に西武秩父線「正丸駅」に到着する。駅前に商店がありレーションの補充等が可能だ。準備をして840
 出発。駅の脇のガードを潜って山側に出る。暫くは里山の桜やミツマタを見ながら舗装路を歩く。時折撮影
 タイムを取りながら徐々に高度を上げて行く。
祠のある「正丸分岐」から登山道に入る。沢沿いの道を行くと分岐に出る。道標の表示を今一理解できず直進し、本格的な登山道に入る。植林帯を木の根に気を付けながらひと登りすると派生尾根上部に着く。ここを右折してトラバース気味に主稜線に出ると五輪山との鞍部に出る。正丸峠からの縦走路に合わさり正面に「男坂」が待ち構える。
「男坂」は鎖が設置され安全だが途中途中のバンドに浮石がごろごろあり落石には要注意だ。三つ目のテラスの上の岩峰を左から巻くと伊豆ガ岳山頂の一角に辿りつく。木々の間から奥武蔵・奥多摩の山々が見える。
○伊豆ガ岳からは一旦鞍部まで下り古御岳へ登り返す。古御岳からは急坂をジグザグにどんどん高度を落としていく。小さなコブを二つ三つ越え、急登をすこし頑張ると小広い高畑山山頂に到着する。ここでランチタイム 
 とする。
○天目指峠は「あまめざすとうげ」と呼ぶようだ。高畠山を後に中ノ沢ノ頭を越え、木の根に注意しながら斜面を下るとオートバイの排気音が聞こえ、右下に車道が見えてくる。直ぐに休憩舎と舗装路が現れ、天目指峠に降り立つ。
道を挟んだ先に階段状の急登が待っている。尾根上のコブを小さく登下降しながら祠のある山頂に近づくと「ゴーン」という鐘の音が聞こえてくる。「子の権現」は近い。「子の権現」は「足腰」の息災を祈願できる古刹で大草鞋がある。立派な本堂のある由緒あるお寺だ。
○車道をショートカットしながら山道を下ると「浅見茶屋」が見えてくる。登山客と観光客で賑わっている。ここで小休止し、14時になったので切り上げてブラブラと駅まで3キロの車道を歩く。「浅見茶屋」から40分程で「吾野駅」に着く。瀟洒な駅舎で身支度を整え帰途につく。
○総じて「奥武蔵の山々は明るく、里山と山々の調和がとれていて魅力ある山域」と言える。丹沢や奥多摩に比べて標高の低い1,000メートル以下の低山域だが歩き堪えのある充実した山行が期待できる。特に613横浜発の西武線直通「小手指行」は「駅から直接登れる山の多いこのエリアで6~7時間の行程確保ができる」利用価値の高い電車だ。上手に活用して山行領域の拡大に繋げたい。
[ 2016/04/29 14:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

梅ノ木尾根〜大山

梅ノ木尾根〜大山

山名・山域 : 梅ノ木尾根〜大山:丹沢

山行期間 : 2016年4月2日

山行目的 : バリエーションルートのルートファインディング

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
8:20日向薬師BSー9:02梅ノ木尾根分岐―9:41/9:50淨発願寺分岐ー10:46 (778ピーク)ー11:03/11:15大山尾根分岐ー12:10/12:40大山山頂ー14:25大山ケーブルBS

日向薬師バス停を降りると天気予報通りに曇り空だ。雨よ降らないでくれと心の中で祈りながらのスタートです。日向薬師に向かったが仁王門の入り口に本堂は補修中のため通り抜けできないとの張り紙があり仕方なく引き返し再スタートする。バス停から200m位先の道路を右折して10分ほど歩くと日向薬師の上にある駐車場に着いた。ここから山道に入る。梅ノ木尾根分岐から淨発願寺分岐までは1カ月前に歩いた登山道なので安心して歩けるが時折尾根を吹け抜ける風は冷たい。誰も登山者は歩いていないので1人だったら非常に心細くなるだろう。良いペースで淨発願寺分岐に着いた。ここから先は未知のルートなので地図とコンパスを首からぶら下げ、すぐ観れるように準備して出発する。西に向かって伸びるルートを先ず登っていく。明瞭な踏み跡があるので安心して歩ける。ニノ沢の頭に着いた。今は木々が少ないのでなかなかの展望がある。ここから方向を北西に変え大沢分岐を目指す。尾根上の右側は開けていて右手に鐘ヶ嶽が見える。思ってた以上にルートは分かりやすく整備され歩きやすい。ただ何処に落とし穴があるか十分注意して痩せ尾根を越えて行くと大沢分岐に着く。ここからは西に方向を変え約750mで大山の尾根に突き当たる計算だ。約250m先に778mのピークがあるが、ここでルートを間違えそうになるが、Sさんがピークにさしてある白杭にマジックで大山方向の文字を見つけロスタイムを作らずに済んだ。そこから細かいアップダウン繰り返し最後の鞍部の760mから矢草の頭(大山分岐)893mまでの急登となる。沢登りの最後の詰めの登りに似ている。沢登りの経験者であればルートは明瞭で歩き易い急登です。途中から出てきたガスの中から登山道に出た。緊張感のある中、楽しめるルートでした。
登山道を約1時間で大山頂上に着いた。天気が良くないので登山者も少ない。下山は女坂を下った。最後のサプライズは大山寺を過ぎた沢沿いに満開のミツマタが我々を迎えてくれたことでした。なんか「ほっこり」しました。

予定した時間よりも1時間強早く大山尾根に着いたので拍子抜けしてしまったが、これもヤマレコの山行報告と写真が非常に役立った証です。そしてこうゆうルートは二万五千分の一の地図とコンパスは必携ですが、地図を読める、コンパスを使えることが重要です。


P4020725 (400x225)
P4020726 (400x225)
P4020728 (400x225)


[ 2016/04/09 13:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

戸倉三山

戸倉三山

山名・山域 : 戸倉三山(奥多摩)

山行期間 : 2016年3月30日

山行目的 : 静かな低山を歩く

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
武蔵五日市駅 8:15集合  8;20(タクシー) ⇒元郷バス停  2800円
元郷バス停8:40 → 臼杵神社10:10 → 臼杵山頂10:15 → 一道山頂11:30 →昼食休憩(25分)11:55 → 入山峠13:45 → 刈寄山山頂13:55 → 今熊山登山口15:00 → 今熊バス停15:20⇒15:40バスに乗り八王子駅へ

元郷のバス停までタクシーを利用しました。バス停からすぐ登山口ですぐに急登となります。20分ほどで一度、尾根に出ますが、再び急登で25分で一つ目のテレビ中継アンテナにつきます。足元はさほど悪くはありませんが、傾斜が急で息が切れます。ここから、二つ目のテレビ中継アンテナまで30分程度は、急登の登山路の両脇にロープが張られており、大部助けられました。
臼杵山は双耳峰で北峰は神社で「猫碑」と呼ばれる石碑がありました。南峰が2等三角点で東西は雑木林ですが、北側に御岳山方面の山々の展望がありました。5分ほど休憩をとって、再び下り市道山を目指します。途中、獣の糞がまとまってありました。鹿や猪のものではなさそうで、猿?、このあたりはガイド本によると、ニホンザルが100匹以上生息しているあたりです。しばらく行くと、今日はじめての登山者70代の男性と出会いました。笹平からヨメトリ坂を登り臼杵山へ向かうそうです。
一道山山頂で昼食休憩を取っていると、東側から若い男性が登ってきました。陣馬山方面から歩いてきたそうです。一道山から急下降し、ここから入山峠まではアップダウンが続き心地よく歩くことができます。
入山峠付近は林道と登山路が何本も重なり、道標と地図をよくみて考え進みました。送電鉄塔を超えしばらく登ると刈寄山です。山頂には東屋があり、八王子市街が展望できました。5分ほどの休憩後、下山、今熊山へ向かいます。巻道を歩き今熊山頂の神社を下り、下社の登山口へ一気に下りました。ここからバス停までは、20分程度。八王子行きのバスに乗ることができ助かりました。
山は芽吹きの頃で、色々な木の芽の形、色を楽しみながら歩きました。暖かい南斜面ではツツジのつぼみが赤く、山吹の花も咲いていました。春本番ですね。

※昇り降りが中々大変で疲れました。歩き方が悪かったのか、今日、左足のアキレス腱のあたりが多少痛みます。


写本 -DSCN0252 (400x300)
写本 -DSCN0256 (400x300)


[ 2016/04/07 10:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)