FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

北ヤツ雪トレ

北ヤツ雪トレ

山名・山域 : 八ヶ岳連峰北部 北横岳・縞枯山

山行期間 : 2016年3月19日~20日

山行目的 : 雪トレ

参 加 者 : 5名

ルート、コースタイム:
19日 1226北ヤツロープウエイ山頂駅―坪庭―北横ヒュッテ―北横岳―1350北横ヒュッテ
20日 716北横ヒュッテ―740縞枯山荘―830縞枯山(展望台)―雪トレ―雨池峠―1045山頂駅

○列車は東進する低気圧と大月~甲府間ですれ違った。茅野は薄曇りで雨の心配はなく、バス~ロープウエイと乗り継ぎ山頂駅に正午着。周囲は普通の雪景色で一安心。そこそこ雪はある。支度をして1226出発。
 坪庭を時計回りで緩やかに登っていく。分岐を二つやり過ごし、突き当りを左折。台地状の坪庭から下ると鞍部に着く。ここから登山道らしくなる。アイゼンを効かせながらジグザグに登り、息が荒くなる頃横岳の肩に着く。その先に北横ヒュッテがぼんやりと姿を現す。小屋の庭先を通り北横岳を目指す。山頂直下の急登をひと頑張りし、南峰を経由して北峰(北横岳頂上)に1330着。4パーティが互いに写真を撮りあっている。曇天でガスの為周囲は見えない。風も結構ある。ザックを降ろすこともなく写真撮影後早々に下山する。
1350北横ヒュッテ着。注意書がやたら多い。「神経質な小屋番」のようだ。大部屋に10人。暖房が効いて布団も暖かい。予約制の利点でゆっくりと過ごすことができた。
 
○翌朝は716出発。前日の登路を降り坪庭に戻る。分岐を左に取り縞枯山荘を目指す。山頂駅からの散策路に突き当たるとそこを左折。目の前に縞枯山荘が現れる。喫茶店「営業中」とのこと。緩やかな登りを僅かで雨池峠へ。峠というより「小さい丘」のイメージだ。右折して登山道に取付く。頂上まで縦に一直線、真直ぐな路だ。急登でアイゼンの重さが足にくる。頑張って登ると前方に青空が見え、やっと頂上に到着する。周囲は立ち枯れの木で展望はない。道標に導かれて「展望台」へ。10分程先の展望台は周囲360度の大展望で赤岳、阿弥陀岳から南アルプスの北岳、甲斐駒、北アルプスの乗鞍岳方面まで大パノラマだ。一方、「雲ひとつない」と言いたいが青空のなか高層にすじ雲が何層も現れている。天候は下り坂の模様だ。
 縞枯山山腹で雪トレを実施する。雪上歩行、アイゼンワーク、滑落停止と耐風の基本姿勢を一時間。雪のすべりが悪く練習にならないが、どこの雪も腐って他に適当な場所がない。基本姿勢のみで終了。
 雨池峠まで戻り頂上駅を目指す。途中雪遊びをして1045着。下の山麓駅発1145のバスに乗ろうと急いで帰り支度をする。増発のロープウエイはスノボとスキー客満載で上がってくる。1110の下り便に間に合い山麓へ。60分間バスに揺られ、茅野駅前で乾杯・ランチを摂り、ゆっくりと1333発のスーパーあずさで帰浜した。

○交通機関 ・アルピコ交通バス  茅野駅②番 ⇔ 北ヤツロープウエイ駅 60分 往復運賃2,200円
・北ヤツロープウエイ  山麓駅 ⇔ 山頂駅 7分 往復運賃1,900円

1 (400x300)
2 (400x300)
3 (400x300)


スポンサーサイト



[ 2016/03/24 15:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

金時山

金時山

山名・山域 : 箱根・金時山

山行期間 : 2016年3月12日

山行目的 : 金時山から冨士山を眺める

参 加 者 : 4名

ルート、コースタイム:
9:20 乙女峠登山口発 〜 10:27 長尾山着 〜 11:15 金時山登頂 〜 12:12 発〜 13:26 金時山登山口着


☆前日、金時山の天気予報を確認する。「雪の金時山」というヤマレコの記事を見つける。
 3月11日に金時に雪が付いていて日帰りしたとのこと。山の天気は晴れ、気温は氷点下という予報。
アイゼンの装備を参加者に呼びかける。
☆乙女峠登山口にJR御殿場駅8時55分頃に出た新宿始発の小田急登山バスに乗る。
乙女峠まで550円。
☆乙女峠登山口は曇り。売店のトイレ使用可。富士山の頂上が厚い雲の上に見えている。
この先もっと姿が見えてくることを期待しながら登山口を出発。
☆ふわふわの雪が道についている。木々の枝にはエビのしっぽが4cmくらいは同じ方向に伸びて付いている。
風の強さが想像される。
☆登りの道が主でアイゼンは必要と感じない。
☆時々日照が強くなると雪の白さに眩しくなる。雪道には、サングラスが必要と感じる。
 幸い日照は長く続かず、すぐに曇り空に戻る。
☆気温と雪に備え、冬用の手袋を用意したメンバー。雪を触ると濡れるので、革製の手袋が必要と感じる。
☆金時頂上!真っ白で富士山が見えない。残念!! それでも、登山者で賑わう。
☆頂上で昼食。トイレ使用。外のベンチでガス2台使用。お湯を沸かす。Yさんからみそ汁、Sさんより持ち入りお汁粉をご馳走してもらう。頂上の寒さに、温かい汁物で芯まで温まり大変有り難い!
☆ベンチの雪をSさんのストックでかき取る。Yさんのお尻に敷く敷物が温かそう。
☆金時山からの下りは、アイゼンを装着。矢倉峠の分岐を過ぎてからは雪の量が減り、アイゼンを外すようになる。
☆下りは、ストックが欲しくなる。1名のメンバーは装備。
☆バス停からタクシーに乗って宮城野の温泉会館まで。入泉料650円。
☆箱根湯本行き3時30分発のバスに乗る。終点まで立って乗車。

*今回、計画書の目的にあった明神ヶ岳までは行かなかった。コースタイムが6時間30分なので、矢倉の分岐で下りることに変更した。次回は宮城野まで是非縦走したい。


金時頂上20160312 (320x320)
写本 -DSCN0208 (400x300)
写本 -DSCN0209 (400x300)
[ 2016/03/13 15:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鐘ヶ嶽〜日向山

鐘ヶ嶽〜日向山

山名・山域 : 鐘ヶ嶽〜日向山

山行期間 : 2016年3月5日

山行目的 : 梅ノ木尾根を歩く

参 加 者 : 6名

ルート、コースタイム:
9:17広沢寺温泉入口ー10:33/10:39七沢神社―10:42/10:59鐘ヶ嶽頂上ー12:10日向山登山口ー12:28/13:00日向山山頂ー梅ノ木尾根ー14:10淨発願寺奥の院ー14:33閻魔堂―14:57日向薬師バス停

広沢寺温泉入口でバスを降りて、各自ストレッチを行いスタートしました。天気は明るい曇りで肌寒い。今回の
ルートはネットで梅ノ木尾根を知り、歩いてみたいと思い考えました。鐘ヶ嶽と日向山を繋いでコースタイム5:30は手頃なルート設定でした。参加者の皆さんは足が揃っていてコースタイム以上のペースで歩きました。
鐘ヶ嶽はかっては信仰の山で頂上直下に七沢神社があり登山道は参道の為多くの階段があり登山者を苦しめる。展望は七沢神社横からは空気が澄んでいれば、みなとみらいやスカイツリーが望めるそうです。頂上は展望はないがしっかりしたテーブルがあるので休憩にはちょうど良い。下りは山神隧道の上の尾根分岐で左へ下れば一般道、右へ下れば「らくらくコース」になります。我々は一般道を下り山神隧道を抜けた林道に出ました。林道を40分程歩いて、岩トレをやる弁天岩を過ぎて日向山登山口に着きました。急な登山道を20分程で日向山山頂に到着した。昼食を摂って少し歩いた日向薬師への分岐から目的の梅ノ木尾根に入った。破線ルートだが、しっかりとした標識が何本かあり、細かいアップダウンがあるが踏み跡もしっかりしているので、迷うことはない。
淨発願寺奥の院を見学して閻魔堂まで下り林道に出た。
次回は地図読みをしっかりして梅ノ木尾根を今回下山した先にある778m地点を通過して唐沢峠から大山に向かう登山道に出て大山に行こうと思いました。蛭が出てくる季節前に!


P3050689 (400x225)
P3050687 (400x225)
P3050682 (400x225)
P3050690 (400x225)
[ 2016/03/12 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

生瀬富士、月居山、袋田の滝

生瀬富士、月居山、袋田の滝

山名・山域 : 生瀬富士、月居山、袋田の滝

山行期間 : 2016年2月28日

山行目的 : ハイキング

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
10:24(生瀬富士登山口)➡11:15(頂上)➡13:00(月居観音)➡13:10(頂上)➡13:29(袋田の滝)

6時に自宅を出発、首都高、東京外環縦貫道三郷インターから水戸方面へ、那珂インターで降り、118号線で大子町へ向かう。結局4時間弱かかった。無料の町営駐車場に車を停め、幸いなことに登山道は真向かえでした。
倒木の多い沢沿いの雑木林を約30分程歩くと展望の良い生瀬峠に出る。日光連山が良く見える。そこからは鎖などがある急登をひたすら登ると狭い頂上に到着した。頂上付近は岩場で切れているところも多く、恐怖感がある。月居山へは袋田の滝を回り込む形で少し滝が見える。幕末の水戸藩士が開国をめぐって戦った天狗党の乱の場所、月居観音は焼け落ちて今はない。月居山は袋田の滝とセットで行ける山なので年配のハイカーも見受けられた。下山後はゆっくり滝を見物し、帰浜した。

奥久慈は遠いところだが、奥久慈男体山、八溝山など行きたい山があるので、泊まりで2山を計画したいと思います。
その時はよろしく。


IMG_4531 (400x300)
IMG_4533 (300x400)
IMG_4532 (300x400)


[ 2016/03/12 16:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)