FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

奥鬼怒雪上トレック

奥鬼怒雪上トレック

山名・山域 : 奥鬼怒温泉郷・奥鬼怒遊歩道

山行期間 : 2016年2月20日~21日 小屋泊一泊二日

山行目的 : 雪上トレッキングをして日光沢温泉に泊まる

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
20日 1210女夫淵―奥鬼怒スーパー林道―1420日光沢温泉
21日 850日光沢温泉―奥鬼怒遊歩道―1035女夫淵

天気予報は曇り後雨。空模様を心配しながら鬼怒川温泉駅で日光市営バスに乗換え女夫淵を目指す。車内はほぼ満席。ほとんどが終点まで行き、奥鬼怒温泉郷へ向かう客のようだ。
終点女夫淵に正午着。雪山の支度をして出発。小雨がぱらついてきた。バスの乗客の大半が送迎バスに乗ったようだ。天候を考慮して「スーパー林道」を歩くことにする。と直ぐに雨が雪に変わった。雪が舞う林道はあっと言う間に白いスロープとなり、、周囲の雪景色もどんどん雰囲気を出してくる。温泉郷まで標高差は200メートル。緩く緩く登っていく。うすくぼ平を過ぎ、手白沢を渡り快適な雪道を歩く。奥鬼怒大橋を右に分けると目の前に加仁湯が現れる。そこから更に10分、目的の日光沢温泉に到着する。
鐘を鳴らして到着を告げ、部屋に案内される。10畳の角部屋の個室に炬燵とストーブが用意され暖かい。風呂は源泉かけ流しで内風呂2、露天風呂2。其々泉質が異なるとのこと。白濁した露天風呂の硫黄臭が温泉らしくて心地よい。もう一つの露天風呂は透明に近いが茶色の成分が皮膚に付く。体に効きそうだ。桂林の水墨画から出てきたような雪景色の中、ゆっくりと温泉に浸かる。念願の雪見風呂計画大成功。
夕食は大広間でお膳で頂く。イワナの塩焼きは絶品で残すところは無い。山の幸の天ぷらや小鉢も多種類。風呂上りのビールの吸い込みが良い。最後に抜群に美味い銀シャリのご飯とアツアツの味噌椀で〆とする。
今宵の客は7人。リピーターの老夫婦、山好きの若いカップル、単独の女性登山家、そして我々二人。普段は4代目の若夫婦2名で切り盛りし、繁忙期のみアルバイトを入れるという。古い木造の建物だが掃除も行き届き、清潔そのもので頭が下がる。(炊き方が上手いのか米が良いのか朝晩のご飯が本当に美味い)
翌朝は730に朝食を頂き、最後にもう一度露天風呂に浸かり850に宿を出発する。雪が舞っている。やや風は強い。加仁湯、八丁湯を過ぎ「雪の奥鬼怒遊歩道」に入る。鬼怒川に沿って左岸に上手に造られた登山道だ。雪のトレールはしっかりしているが時折片足がハマル。快調に歩き、汗ばんだ頃氷瀑に出会う。気温が高いのか下の部分だけが凍っている。何本かの橋の後、最後に「乙姫橋」で右岸に渡る。河岸段丘をひと登りで林道の見える稜線に着く。鉄の階段を下るともう直ぐそこが女夫淵の駐車場だ。心配した雨は二日間とも雪に変わり、気持ち良く歩けた。雰囲気のある温泉宿と雪見風呂、遊歩道のトレッキングと魅力いっぱい。リピーターが多い訳だ。
予定どおりバス、東武特急、JRと乗り継いで夕刻横浜へ。盛りだくさんで充実した山旅を無事終了した。

【備忘録】
東武特急料金(北千住⇔鬼怒川温泉・全席指定)片道1,440円
日光市営バス(鬼怒川温泉⇔女夫淵 1時間35分)片道1,540円
鬼怒川温泉発 735 1015 1325 1550  女夫淵発 745 950 1245 1525 (各4本/1日)
スポンサーサイト



[ 2016/02/23 12:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

曾我丘陵・曾我梅林

曾我丘陵・曾我梅林

山名・山域 : 曾我丘陵・曾我梅林

山行期間 : 2016年2月11日

山行目的 : 梅の開花に合わせて里山を歩く

参 加 者 : 5名

ルート、コースタイム:
940国府津駅集合―950駅出発―岡入口―上ノ山農道(みかん直売所)―西山農道―五国峠農道(みかん直売所)―1115高山―1125見晴台―1140アイスクリーム直売所―1210別所梅林(昼食)―1310原梅林(流鏑馬見学)

○国府津駅はハイカーでごった返していた。折からの好天に誘われて多くの人が梅林を目指しているようだ。
 駅前の国道一号線を右折し小田原方面に数分、岡入口を右折して農道に入る。途中「みかんの直売所」で袋100円のみかんを仕入れる。西山農道休憩所で一本。緩やかな登りを行き五国峠農道に入るとまた「直売所」を発見。こちらは柑橘類の種類が多く、小奇麗な感じがする。こちらでは各々数種類を購入。相当にザックが重くなった方もいる。
高山への急坂をひと頑張りし、十字路を左折すると見晴台に着く。眼下に曾我梅林が広がる。開花状況は早咲き十郎で7~8分程度か。紅梅がひと際鮮やかだ。梅林の中を行くと梅の香がして優雅な気分になる。
 ほぼ全開の古木もちらほら。昨年に比べて2週間早い開花状況とのこと。
段々と人の数が増え、道は渋滞模様だ。牧場直営のアイスクリーム直売所で一本。夫々好みのジェラートを注文。かなり濃厚だ。

○別所会場の梅林の中でシートを広げ昼食とする。小一時間休憩し、流鏑馬の原会場に向かう。相当な人出だ。
 流鏑馬は三か所の的を一気に駆け抜けて狙う。思った以上の迫力だ。女性射手が長い髪を靡かせて鏑矢を射る様は惚れ惚れするほど見事だ。すこし遠くから見たほうがよろしいようで、場所を移動しながら暫く堪能する。

○下曽我駅からは臨時のバス便があり1415発で国府津へ。JR上り線の列車のなかで適宜解散とする。
 梅も見事で「お勧め」したいが、「流鏑馬の迫力」は一見の価値がある。「本物の凄さ」を痛感した。


曽我丘陵 (3) (400x300)
曽我丘陵 (2) (400x300)
曽我丘陵 (1) (400x300)



[ 2016/02/23 10:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

蔵王・山寺

蔵王・山寺

山名・山域 : 蔵王・山寺

山行期間 : 2016年2月5日~7日

山行目的 : 樹氷を見たい

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
5日:浅草駅駅 23:30(バス) ⇒ 山形駅5:40 下車
6日:山形駅 6:50発 バス ⇒ 蔵王温泉 7:30 徒歩 で蔵王山麓駅へ⇒ロープーウェイ⇒樹氷高原駅を経て地蔵山頂駅へ  トレッキングで地蔵岳山頂~トニー・ザイラー記念碑 (無料休憩所で昼食休憩 40分)~鳥兜駅⇒ロープーウェイで温泉駅  徒歩でバス乗り場 15:15のバスで山形駅へ。山形駅 (電車) 山寺駅  宿泊(高砂屋本館
7日:山寺散策8:45~11:15  12:15 山寺⇒  山形から新幹線で帰宅

◎蔵王カンジキトレッキング(曇り)
蔵王山岳インストラクター協会主催の和カンジキトレッキングに申し込み
・山麓駅8:30集合のところ、他参加者が遅れたこと等もあり、開始時間が遅れてしまった。
・ロープーウェイの山麓駅はスキーヤー、スノボーヤーで混んでいた。
・ロープーウェイを二つ乗り継ぎ、地蔵山頂駅へ。そこで和カンジキの履き方、歩き方の講習をうけ、準備体操をして、地蔵岳山頂まで登る。あっという間に山頂でちょっと物足りない感じ。風も穏やかで曇ってあまり視界はきかなくて残念でした。樹氷、エビの尻尾やモンスターの説明、今年は雪が少なく樹氷の出来が今ひとつとのこと。
・歩き始めは凍えるかと思うほど寒かったが、歩き始めると暖かくなり楽しく歩くことができた。
・山頂から鳥兜駅までの下りを、樹林帯の間を下って行く 。途中急な箇所は尻セードで。
・賞味3時間程度でしたが、ラッセル体験等もして息を切らして運動をしたという感じ。初めての経験でしたが面白かったです。

◎山寺散策 (晴れ)
・山門入口で「どこも滑ります。注意してください。」と張り紙のとおり、安心して歩けるところの方が少ない。山道は凍って、登りも恐る恐るだが、下りはもっと怖かった。あちこちで悲鳴が上がりドキドキしながら歩きましたが、怪我もなく下山後は面白い体験ができて良かったと思いました。
・眺めはよく、雪の山寺も素敵でした。


蔵王 (1) (400x300)
蔵王 (3) (400x300)


[ 2016/02/23 10:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

宝登山

宝登山

山名・山域 : 宝登山

山行期間 : 2016年1月31日

山行目的 : 蠟梅を見に行く

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム:
野上駅9:20➡宝登山11:12➡長瀞駅13:15
天候:晴れ 【歩行時間】 約4時間休憩含む

※雪の残る尾根道を萬福寺から登って行く。天気が良く気持ちの良いコナラの道を1時間程歩くと、小鳥峠に出る。少し歩くと林道に出てしばらく登ると宝登山頂上だ。たくさんの人が休憩をとっている。
※ほとんどの人は長瀞からロープ―ウエイで蠟梅を楽しんでいる。甘い香りを楽しみ、目の前には両神山を眺め、ロープウェイには乗らず、林道をてくてく下山する。雪のとけた悪路でとても歩きにくい道で閉口する。
※駅に近づくと観光客が増えてきて、われわれも岩畳がある川まで行ってみた。37年前に来たことを思い出す。
※快晴で風もない雪道を歩けてとても気持ちが良かったです。
※ 反省と教訓
以前から一度は行ってみたかった山でしたが、とにかく遠かった。
お付き合いいただいたSさんありがとうございました。


宝登山 (1) (400x300)
宝登山 (2) (400x300)
宝登山 (3) (400x300)




[ 2016/02/23 10:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)