FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

三浦アルプス 南尾根

三浦アルプス 南尾根山行目的 : 里山歩き

山行期間 : 2015年10月25日

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム :
25日に12月低山の下見の為、葉山風早橋―仙元山―観音塚―乳頭山―馬頭観音―東逗子駅を歩きました。
一般的には南尾根と言われている暖かい南面の長い尾根道で、北側の樹木や笹が風を遮ってくれる為、朝からの強風も気にならず快適なハイクができました。留守宅のYさんありがとうございました。

8:13風早橋バス停―8:28仙元山―8:53長い階段―9:20観音塚―10:30大きい桜の木―10:39大鉄塔
―10:55乳頭山山頂―11:30馬頭観音―12:03遊歩道入口(沼間小学校)(3時間50分)

標高が200m程度の山域の為、登下降は短く楽ですが、縦走路はそれなりに気分の出る良いコースです。特に「長い階段」から「乳頭山」までは静かで小さいコブを幾つか越えていく快適な2時間です。
苦しくて喘ぐようなことはありませんが、しっとりと汗ばむ程度の負荷があり、下から聞こえる中学生の部活の声やバイクの排気音が無ければ一般縦走路を歩いているような感覚になります。
登山口は「風早橋バス停」を進行方向に進み、トンネル手前を右折して約100m、葉山教会への登り舗装路が入口となります。教会脇にハイキングコース入口の看板があります。
途中迷いやすいポイントは「長い階段の先、大木ペンキマーク」付近で、クランク状にルートを取るにも関わらず標識がない為ルートを外す可能性があります。後は「踏んでいる方向」を見ながら歩けば問題になるところはありません。唯、尾根から森戸川や葉山方面に誘い込む踏み跡が無数あるので慎重さは必要です。
途中ビューポイントは「仙元山頂上からの江の島と富士山」と「乳頭山からの横須賀の軍港」位で若干物足りなさを感じます。
乳頭山からの下りは右に田浦梅林方面を分けるコース設定で特段難しいところはありませんが、所々粘土質の一枚岩があり雨上がり等は注意が必要でしょう。又、季節柄落ち葉が多くなっており、上手く尻もちをつけば問題ないですが、スライディングすると膝を痛める可能性があります。また案内板にローカルな地名が出てくるので地元周辺の大まかな町名の知識はあった方が良いと思います。
今回は一人でシャカシャカ歩きましたので、コースタイムは約4時間でした(京急MAPのコースタイム4時間は厳しめ)。
会の低山ということになればもう少し余裕をみて、5時間程度で計画する予定です。
私事ですが、昨日は自宅を出たのが午前7時。駅でいえば逗子から東逗子を一回りし13時に帰宅。ひとっ風呂浴びて生ビールを一杯。午後から別の用事を済ませることができました。ヘルスケアのダッシュボードですが午前中に23,998歩あるき、距離は17.54Kmです。時間を有効に使え、有意義な休日となりました。
久しぶりの山域ですが、「三浦アルプス侮ることなかれ」とエールを送りたい気分です。
スポンサーサイト



[ 2015/10/30 16:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

渋沢丘陵

渋沢丘陵

山名・山域 : 渋沢丘陵

山行目的 : 里山歩き

山行期間 : 2015年10月18日

参 加 者 : 7名

ルート、コースタイム : 約6時間休憩含む
渋沢駅から歩きはじめ、住宅地を抜けて頭高山登山口に向けて登り始める。日当たりの良い畑が広がりる丘陵地帯はのどかで、秋、冬の野菜の苗が植わり、農家のひとが畑仕事に精をだしている。
頂上手前では丹沢の山々が見える展望スポットがある。頭高山頂上は展望はない。周辺は犬の散歩を楽しむ地元のひとたちのハイキングコースになっている。震生湖は思ったよりも小さく、湖というより、池のようです。
最近は里山ばかり歩いているが、まだまだ良いところがありますね。ゆっくりと歩いたのでかなり時間はかかりました。

こぶしまつりの参加者は少なかったが、当日参加のメンバーが加わり楽しい里山歩きになりました。
お疲れ様でした。ありがとうございました。

P1080051 (400x300)
P1080055 (400x225)
P1080056 (400x225)
P1080057 (400x225)


[ 2015/10/30 16:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

曽我丘陵

曽我丘陵

山名・山域 : 曽我丘陵

山行期間 : 2015年10月12日

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム :
9:00 国府津駅集合―国道1号を右折―岡入口信号を右折―JRガード下―菅原神社―光明寺―西山農道(ここまで40分)-六本松跡(1時間40分)―曽我神社(2時間50分)―中河原梅林―下曽我駅(3時間25分)

【歩いてみて】
 ここのところ3時間程度の半日ハイキングを何本か歩いていますが、なかなかに捨てがたい魅力に取りつかれています。①結構汗をかくこと ②それなりにビールの吸い込みがよくなること ③その週は体調がよいこと ④休日の午前中を有効に使った充実感があること 等です。
今回は3人でのんびりと本当にゆっくりと歩きました。国府津周辺は神社仏閣が数多くあり、その昔この地が地方の中心地であったことを偲ぶことができました。
曽我兄弟の史話も当時の雰囲気を感じさせる一助になり、落ち着いた山歩きができました。
道は農道と山道ですが、蜜柑等の出荷の為ほとんど舗装されていました。味気ない気もしましたが、靴がどろんこにならずメリットもありました。尾根の南東面を歩く為、天気さえ良ければ冬でも暖かいだろうと思います。
下山の最後のところで中河原梅林(曽我梅林)を通りましたが、2月の梅まつりの頃再訪してみたい気持ちになりました。
下曽我駅で一時間に一本の御殿場線を待って国府津に戻り、駅から歩きで横浜寄り5分の「のんき亭」で反省会を開催しました。刺身定食とビールですこし遅いランチを摂りお開きとしました。
アクセスも良いので、暖かい冬の休日に半日歩いて、美味い魚を楽しむといったプランには絶好のロケーションだと思います。

[ 2015/10/16 12:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日向薬師(関東ふれあいの道)

日向薬師(関東ふれあいの道)

山名・山域 : 日向薬師(関東ふれあいの道)

山行目的 : 里山歩き

山行期間 : 2015年10月4日

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム :
鶴巻温泉駅 8:00バス→坪ノ内バス停8:20→三ノ宮神社9:20→上粕屋神社10:05→日向薬師12:00
天候:晴れ 【歩行時間】 約4時間

※山行記録 今回は車道歩きも長く、また上粕屋神社から鎧塚に抜ける道が道路工事で寸断されて、大回りになり時間を要してしまった。そのため本来予定にしていた、巡礼峠方面へは次回としました。
※この道は大田道灌のゆかりの地で、道灌様の墓や家臣の七人塚など歴史を巡る道でもあり、楽しいものでした。たまにはこういう山行も良いと思いました。

※反省と教訓
道路の状態については情報不足でした。


IMG_1069 (300x400)
IMG_1070 (300x400)
IMG_1073 (300x400)
[ 2015/10/16 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

那須三山(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)

那須三山(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)

山名・山域 : 那須三山(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)

山行目的 : 山のいで湯 三斗小屋温泉

山行期間 : 2015年10月3日~4日

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム :
3日:那須ロープウェイ頂上駅 10:45 → 茶臼岳頂上 11:30 →峯の茶屋 12:15→ 朝日岳山頂 13:45 → 熊見曽根東端 14:10 → 隠居倉 14:30 → 三斗小屋温泉(大黒屋)15:40
4日:三斗小屋温泉 7:20 → 熊見曽根東端 9:10 → 北温泉分岐 9:45 → 三本槍岳 10:15 →  北温泉分岐 → 10:45 → 北温泉 13:30    那須休暇村の温泉によりました。  天候:3日:晴れ  4日:曇り

・那須ロープウェイ駐車場へ入るために渋滞。
 ・茶臼岳への道は砂礫や岩の斜面を登るが危険箇所はない。展望良好
 ・下って峯の茶屋小屋跡へ、強風で有名な場所ですが、今日がそよ風程度。
 ・熊見曽根の分岐から朝日岳への岩場を上り朝日岳山頂へ。展望良好
 ・熊見曽根から隠居倉の間には切れ落ちている場所があり、要注意。
 ・熊味噌根からは急な下りで温泉源泉をとおり三斗小屋温泉へ。
 ・大黒屋は山小屋ではなく旅館。岩風呂と大きな風呂と時間交代制。
 ・2日目 熊見曽根周辺及び三本槍 への稜線上は強風で体が振られそう。
 ・三本槍頂上は霧の中で展望はない。
 ・下山の中の大倉尾根の前半は急な下りで、道は石畳のうえに金網が貼られ歩きにくい。
 ・後半は樹林帯のなかで歩きやすい道。
 ・下山後 川を渡ったすぐ目の前、古い温泉旅館の露天風呂。入りたかった。

  ※ 三斗小屋には水は無料であるが、山中、他には給水場所はない。
    熊ザサのみどりと紅葉が輝いてとても綺麗でした。

271003 隠居倉から (400x300)
271003 (400x300)
201003三斗小屋温泉へ (400x300)
271003三斗小屋温泉 -CIMG1901 (400x300)
271004朝日岳 (400x300)


[ 2015/10/16 11:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)