FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

石老山

石老山

山名・山域 : 石老山

山行目的 : 静かな山歩きで心を癒す

山行期間 : 2015年9月27日

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム :
相模湖駅から三ケ木行きバスで石老山入口下車
石老山入口9:00→顕鏡寺9:40 → 石老山山頂11:00(昼食)11:20→大明神展望台 12:10 → 相模湖温泉うるり 13:10
天候:どんよりとした空

 ・石老山入口から案内板に従い車道を進む。
 ・相模湖病院の前の登山道入口から登る。
 ・雨に濡れた石畳の路は歩きにくい。
 ・顕鏡寺はNHK朝ドラ「花子とアン」の蓮子様の菩提寺とのこと。
 ・顕鏡寺の境内にある大きなイチョウの木の脇の階段を登る。
 ・融合平見晴台についても、霧の中何も展望はない。
 ・登山道では誰にも出会わなかったが石老山山頂には3人の山ガール。
 ・大明神展望台では少し雲がきれて、相模湖がみえた。
 ・キャンプ場をすぎ車道を歩き、相模湖温泉うるりへ
 ・温泉にはいったあと、湖畔から渡し舟で相模湖駅へ渡る。


渡し船で相模湖駅へ (400x225)
写本 -20150927105222 (225x400)
スポンサーサイト



[ 2015/09/29 18:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

三浦富士

三浦富士

山名・山域 : 三浦富士

山行目的 : 里山歩き

山行期間 : 2015年9月28日

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム :
9:00(京急長沢)➡9:45(三浦富士山頂)➡10:25(砲台山)➡10:51(武山)➡11:50(津久井浜駅)
天候:曇り 【歩行時間】 約3時間、

長沢駅からは団地脇の道を上がっよくてゆく。津久井小学校を曲りしばらく歩くと浅間神社の鳥居が見えてくる。
東光寺のお墓らしきものを通りすぎると、犬の鳴き声が聞こえてくる。警察犬訓練所だ。程なく三浦富士
頂上だ、曇っていたが眺めはマズマズでした。昔海軍の砲台があった砲台山、武山と静かな山道を歩く。
途中では下草刈りの作業をする人たちとあいさつを交わす。気持ち良く歩けるのもそんな人達のおかげです。
観光農園の道を下り津久井浜駅に到着する。その後は忘年山行の宴会の下見に向かう。

反省と教訓 
三浦付近の山は自宅からも近く、行ってもらいたい地域です。


IMG_1065 (300x400)
IMG_1064 (300x400)
IMG_1063 (300x400)
IMG_1062 (300x400)

[ 2015/09/29 18:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

奥秩父主脈縦走

奥秩父主脈縦走

山名・山域 : 奥秩父主脈縦走路(雁峠から飛龍権現間)

山行目的 : 昔からの縦走路を歩く

山行期間 : 2015年9月21日~23日(二泊三日)

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム :
21日(月)新地平1015-亀田林業最終作業小屋1106-雁峠1250-笠取小屋1320(幕営)
22日(火)笠取小屋630-笠取山712-唐松尾山935-将監峠1055-将監小屋1102(幕営)
23日(水)将監小屋558-縦走路分岐614-飛龍権現816-前飛龍900-サオラ峠1040-丹波口1142

今回の山行を振り返って
◇今回山行は奥秩父主脈(金峰山⇔雲取山)の内、踏んでいない雁峠から飛龍権現までの縦走路を踏破する目的で計画しました。この山域は東京都の水源林として大切に管理されているエリアですが、巡視路を中心にしっかり整備された部分と、区域外であまり手が入っていない部分との差がかなり有りました。具体的には二日目の笠取山から唐松尾山までの尾根道は、案内板が殆んど朽ちて判別不可でした。テープも有ったり無かったりで、林業用と混在していました。三日目の飛龍権現から前飛龍間は藪が被さって踏み跡が見えにくく、迷い道に引き込まれないよう気を遣いました。一方で苔むした岩があり、深い森があり、寝転んで昼寝したくなる様な草原があり、その中の縦走路を歩いた三日間は思い出深いものとなりました。

各日の行動
◇21日(月)新地平バス停に1007着。降車は一人。ザックを置いて登山口を確認に行く。1015入山。亀田林業社の私有地【ゲートに立入禁止の看板が有るも「登山競争とトレイルラン禁止」との事で一般登山は黙認か?】に入り、林道を詰める。広川の左岸から右岸に渡り小一時間歩くと作業小屋が有る。ここから再度左岸に渡り何度か渡渉を繰り返す。「熊出現注意」の看板を気にしながら緩やかに高度を上げて行くと周囲は沢の源頭状になり、笹原を行くようになる。少しの急登の後、登山道は時計と反対周りに巻いて行く。直ぐに前方が明るくなり、草原の中に雁峠が見えてくる。1250に峠着。一本取って峠を東に向かう。雁峠山荘の廃墟を左に見てのんびりと歩いていくと東京都水道局の巡視路に合わさる。これを右に取り数分で青屋根の笠取小屋が見えてくる。
笠取小屋のテン場は樹林帯の中に有り、水場まで2分。水はパイプから勢い良く出ている。トイレはバイオで新しい。(幕営料500円/人 缶ビール500円/350cc)
二人の小屋番は話好きで愛想が良い。午後は缶ビール片手にのんびりと過ごす。森の中で正に至福のひと時。
夕食のカレーを作りながらバーボンを飲む。20時就寝。(晴れ後曇り夕刻一時小雨)

◇22日(火)今日の行程は短いのでゆっくり5時起床。朝食後テントを畳んで630発。笠取山へは短いが最初から急登になる。朝一は体に堪える。712笠取山偽ピーク着(本峰はその先の樹林帯中)。360度の絶景。
遠望を楽しんだ後、尾根筋の縦走路を行く。踏み跡はしっかり有るので迷う事はないが標識らしきものは皆無。樹林帯を黒槐(くろえんじゅ)に向かう。緩く右に巻きながら2014ピーク、2044ピークを通過し唐松尾山に935到着。大きめの蒲鉾板に山頂と書かれてある(もうちょっと何とかしたら)。この山頂は縦走路から僅か外れている。そのまま直進すると岩場に入り込み進退窮まるので要注意だ。進行方向は山頂から180度戻り左に下降する踏み跡を辿る。山腹を巻きながら降りていくと何か所か土石流痕が有り、倒木が道を塞ぐ。山の神土(やまのかんど)まで来ると巡視路(これが本来の縦走路)に合わさる。ここは稜線道と縦走路と白石山(和名倉山)への交差点だ。立派な標識が有る。ここで道迷いの人に遭遇。将監峠を通り越してここまで来た模様で「将監小屋に行きたい」とのこと。小屋まで一緒に行くことにした。1102将監小屋着。
9月1日から幕営料は1,000円に値上げ。缶ビール500円/350ccはこの辺の相場か。
このテン場は段々畑の様に高低差をつけて上手に造られており。下は芝草でフカフカと気持ちが良い。水場は小屋脇でパイプから驚くほど冷たい沢水が噴き出ている。缶ビールを転がしておくと冷蔵庫並みにキンキンに冷えて最高のテン場だ。トイレはバイオで清潔だ。笠取小屋もここもトイレのペーパー備え付けあり。
天気も良く暖かい。またまた缶ビール片手に新書を読んだり、昼寝したりでのんびりとする。午後も遅くなると雁坂峠や雲取山方面からの縦走者が続々と到着し周囲は一気に喧噪と化した。肌寒くなりマイエスパースに潜り込む。夕食はフリーズドライの炊き込みご飯とクラムチャウダー。バーボンとつまみ多種。20時就寝。
(晴れ後曇り)

◇23日(水)本日最終日。今日のテーマは1205丹波発のバスに乗り丹波温泉「のめこい湯」で一風呂浴びて、1335のバスで奥多摩駅経由自宅に無事帰ることだ。
テン場を558発。縦走路に614合流。水平な巡視路を歩く。約二時間で禿岩分岐と飛龍権現に到着。ここで雲取山方面に向かう縦走路を左に分け丹波口へ。前飛龍までの道を慎重に進み、岩場を通過して下降路に入る。前飛龍の肩を越すと道は突然森の小道風に優雅になる。ミサカ尾根に切られた稜線どおしの登山道をひたすら降る。熊倉山、1477ピークを通過し、深田久彌も歩いたサオラ峠に1040着。このままではバスに間に合わないと走る。ジグザグの仕事道を駆け降りて1142に丹波口着。バス停には1157着。
1205のバスに乗り「丹波温泉」で下車。温泉に浸かり、生ビールを頂戴し、次のバスで奥多摩駅へ向かった。
留守宅の松下さん何時もありがとうございます。お陰様でシルバーウイーク楽しめました。
(晴れ山は一時霧発生)
[ 2015/09/29 17:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

丹沢

丹沢

山名・山域 : 丹沢

山行目的 : 体調管理

山行期間 : 2015年9月20日

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム :
ヤビツ峠9:10→三の塔10:40→新大日12:10→塔の岳12:50:13:35→大倉15:50   
天気;晴れ~曇り

*彼岸花の時期なので日向薬師に行こうと思ったが、久しぶりの丹沢に足が向いた。
*連休なので秦野駅前は混雑しており、臨時バスが出ていた。蓑毛付近まで来ると車窓から彼岸花が目に入るようになった。9時過ぎヤビツ到着。自転車族も賑わっていた。
*三の塔まではゆっくりと登る。ここからは塔の岳までの縦走路が見渡せて足取りも軽い。ところどころでは木道が整備され歩きやすい。新大日―塔の岳間では道路の一部が崩落しており、迂回路の工事中であった。
*塔の岳頂上は若者、中高年の山愛好者で賑わっていた。
*金冷しの分岐を過ぎた場所も崩落部分があり、工事中部分があった。下山道も多くの個所で木道が整備されていた。
反省と教訓
*シルバーウイーク期間の日曜日だったので混雑は覚悟だったが、平日の静かな時にも再訪したい山だった。

[ 2015/09/29 17:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

白山

白山

山名・山域 : 白山

山行目的 : 紅葉の山を歩くむ

山行期間 : 2015年9月18日〜21日

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム :
1日目 22:45発(渋谷)6:00着(金沢) 夜行バス
2日目金沢6:45発→室堂出合着8:55着(バス)9:25→室堂14:00
3日目頂上へご来光のため往復後下山開始。7:40➡8:43(殿池避難小屋)➡11:30(出合)

天候 : 晴れときどき曇り 【歩行時間】 1日目約4時間、休憩含む、2日目約4時間

9/19(土)6時に金沢駅東口に到着。北陸新幹線開通で朝にも関わらず、ワサワサしている。
45分発の登山バスに揺られること2時間余り、別当出合に到着です。すでのたくさんの人でにぎわっている。シーズン中は手前の市ノ瀬からはバスでピストンする。ほとんどの人は市ノ瀬までは車で来ている。
上りは砂防新道を進む、よく整備された道を進むと中飯場、甚ノ助避難小屋に到着する。花の時期はほとんど終わっているが、ハクサンフウロが残っている。観光新道と合流する黒ボコ岩を過ぎた弥陀ヶ原からは風景が一変し、広々とした前方には白山の山容が姿を現す。夏には一面の花畑が広がていることを想像する。
程無く室堂センターへ到着した。本日の宿は室内で火を使える、白山荘です。地元の常連三人組と料理の交換で仲良くなる。毎年登っているそうです。次の日の早朝はご来光を拝むため5:30に登頂したが、雲に隠れて残念でした。下山は黒ボコ岩までは一緒で、そこからは観光新道のルートです。途中の殿ヶ池避難小屋は木の香りが未だ残る綺麗な小屋でした。展望の良い尾根道で気持ち良く下ってきました。白山で出会った地元の方は毎月登る人、毎年登る人、季節で登る人などふるさとの山を愛していることを感じました。

※ 反省と教訓
夜行バスを利用すると時間のロスなく登れる山です。(新幹線を利用するともう1泊必要)
危ないところはない、道も明瞭で一人山行も大丈夫です。


白山頂上から (400x300)
写本 -CIMG1748 (400x300)
DSC01477 (400x300)
白山頂上から (400x300)
まつむしそう (400x300)
ちょっぴり紅葉 (400x300) (1)
ちょっぴり紅葉 (400x300) (2)
IMG_1054 (300x400)
IMG_1053 (300x400)
IMG_1055 (300x400)
IMG_1056 (300x400)


                                       

[ 2015/09/29 17:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

毛無山 十二が岳

毛無山 十二が岳

山名・山域 : 毛無山 十二が岳

山行目的 : スリルの山を楽しむ

山行期間 : 2015年9月5日

参 加 者 : 5名

ルート、コースタイム :
登山口 9:48→毛無山11:23→十二が岳13:48→登山口15:00
【歩行時間】 約5時間12休憩含む

天候:晴れ時々曇り

中央本線、富士急と乗継いで河口湖に到着する。9:10発レトロバス乗車、毛無山登山口で下車したのは我々だけです。
文化洞トンネル脇の登山道から登り始める。気持ちの良い林の中の道を上がってゆく。
気温は低めで気持ちの良い登り、秋の山を感じる。1時間半ほどで頂上に到着する。
頂上直下はかなり急党でした。昼には少しはやいが、昼休憩とする。
いよいよ十二が岳のスタートです。はしご、ロープ、吊り橋、岩場が続くが皆慎重に進んでゆく。
河口湖、西湖が見え隠れし、残念ながら山頂は見えなかったが富士の裾野を見ることができました。
会う人も少なく静かな山行でした。

※反省と教訓
往復の時間がかかりすぎたこと。やはり日帰りは大変でした。日が短い季節は難しいです。


IMG_1032 (300x400)
IMG_1030 (300x400)


[ 2015/09/19 12:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)