FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

伊豆 / 達磨山・猫越岳

伊豆 / 達磨山・猫越岳

山名・山域 : 伊豆山稜線歩道

山行目的 : 富士山や駿河湾を眺めながら歩く

山行期間 : 2015年7月19日(日)~20日(月)

参 加 者 : 6名

ルート、コースタイム : 
 1日目  【歩行時間 7時間00分(昼食、休憩含む)】
修善寺駅改札出口9:00集合=修善寺駅バス停(6番乗り場・戸田行9:15発)=(0:30)9:45戸田峠10:00→(0:20)→10:20金冠山→(0:15)→10:35戸田峠→(0:30)→11:05小達磨山→(0:30)→11:55達磨山(昼食)12:20→(1:05)→13:25船原峠→(0:50)→14:15棚場山→(1:00)→15:15土肥峠→16:00魂の山→17:00風早峠=(0:15)=持越温泉民宿
 2日目  【歩行時間 6時間00分(昼食、休憩含む)】
民宿7:30=(0:15)=7:45風早峠8:00→(1:45)9:45猫越岳→(1:20)→11:05ツゲ峠→(0:25)→12:20滑沢峠(昼食)12:50→(0:20)→13:10二本杉峠(旧天城峠)→(0:50)→14:00天城ゆうゆうの森入り口バス停14:16=(バス・湯の国温泉・タクシー)=16:50修善寺駅

当初は7月18日~21日、3泊四日の行程で南アルプス荒川三山と赤石岳縦走を計画したが、台風9号の影響で道路が通行止めとなり4月末に計画し没になった達磨山に変更した。
 横浜6:13分発の東海道線沼津行きに乗車。3連休真ん中の日曜日の早朝だが結構乗客がいたがなんとか座ることができた。三島駅で伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換える。車内の中刷りに世界遺産登録の韮山反射炉の案内がある。メンバーの一人が帰りに観光しようと提案がある。修善寺から戸田行きのバスに乗るが3連休と言うのに貸切状態。達磨山高原レストハウスは晴天で富士山を見ることができた。しかし戸田峠に到着すると一面の霧に包まれる。準備をしていると達磨山方面から続々と登山者が下りてきた。JR東海の山岳部で戸田峠の駐車場に大型観光バスが迎えに来ていた。我々は金冠山ピストンする20分で金冠山、霧でなにも見えず駿河湾から吹き上げる強風で涼しい。戸田峠まで戻り達磨山に向かう。達磨山は笹山で笹を刈りこんだ歩道が一直線に頂上を目指して伸びているが霧で視界が悪くおまけに最大瞬間風速30mはあろうかと思われる強風に煽られる。富士山や駿河湾は全く見えないが下界と違って南アルプスのごとくすごく涼しい。もし、晴れていれば樹木の無い登山道だからかなり暑かったのではないかと思った(この日、関東梅雨明け)。達磨山(989.1m)で昼食、我々の他に40台のカップルが一組、トマトをあげて写真を撮ってもらう。昼食後、古希山、伽藍山、船原峠(途中鹿と遭遇、伊豆は鹿が繁殖していると言う、この日は西伊豆で鹿よけの高圧電線が切れて川に触れ大人2名が感電死した)棚場山、南無妙峠などのアップダウンを経て15:15土肥峠(574m)に到着。此処から持越温泉まで3.8kmと標識があったが当初の計画通り風早峠に向かう。しかし、ここから魂の山(933m)がきつかった。涼しいとはいえ汗が吹き出し、男性全員は腕の産毛が総立ちになっていた。風早峠17:00到着。民宿の叔父さんに迎えに来てもらう。急遽宿をとったにもかかわらず、客は我々だけの貸切状態。ぬるいビールで乾杯し、食事をしながら反省会。
 翌日は6時起床、6時半ラジオ体操、7時半出発。風早峠まで送ってもらう。今日の天気予報は曇りのち晴れ。宿では曇りだったが途中は雨、風早峠は昨日と同じ霧で風も吹いて寒い位。ウインドブレーカーを着て出発したがすぐに脱ぐ。昨日と同じ笹山の道を行くと左でガサガサという音が聞こえた。熊か?と思ったら、イノシシが笹の中を飛び跳ねて逃げて行った。イノシシって飛び跳ねるんだ。その先に、小鹿が胴体を真っ二つにされて横たわっていた。内臓だけが食われていた。先ほどのイノシシの仕業かもしれない。仁科峠で西伊豆スカイラインを横断し、今回の最高峰、猫越岳(ねっこだけ1034.7m)に向かう。昨日とは違って樹林帯だ、巨大なブナの木や姫しゃらなどすばらしい木がたくさんある。後藤山を過ぎたあたりで霧が晴れ、富士山がチラッと顔を出したが猫越岳手前の展望台は富士山、南アルプスが望める場所だが、残念ながら霧が上がってきて見ることができなかった。猫越岳山頂の池は霧で幻想的だった。ツゲ峠を経て三蓋山(みかさやま1012.8m)、ここから滑沢峠まで急な下り坂と崩落個所を行く。計画では滑沢峠から滑沢渓谷、太郎杉を行く計画だったが崩落の為通行止めとなっていた。二本杉峠(旧天城峠)経由、天城ゆうゆうの森バス停に変更。二本杉峠(旧天城峠)は吉田松陰やハリスが超えた峠だと記されていた。峠からバス停までは旧下田街道、渓谷沿いの道は清水が流れ、I さんとY さんは水を飲んだり顔を洗ったり、冷たくて気持ちが良いと言っていた。川に掛る木橋は濡れていてM さんが滑って転び、危うく川に落ちるところだった。14:00天城ゆうゆうの森入り口バス停着。バスで湯ヶ島迄行き観光協会で立ち寄り湯を紹介してもらう。ジャンボタクシー(約3000円)で「湯の国会館」へ行く。国道は3連休最後とゆうことで渋滞しているが、地元のタクシーは裏道をスイスイ行くので、風呂上がりに迎えに来てもらい修善寺駅迄3000円で交渉し、成立。入浴後タクシーが来るまで冷たいビールで反省会。修善寺迄も裏道スイスイでした。韮山反射炉見学は中止。
2日間の伊豆山稜線歩道縦走中出合った人、JR山岳部を除いては3組のカップルとトレラン2名だけでした。
この時期、花はほとんどありません。トイレもありませんでした。


笹山の道 (400x225)
達磨山 (400x225)
仁科峠 (400x225)
猫越岳頂上池 (400x225)
猫越岳 (400x225)
ブナ峠の巨木 (400x225)
バラいちご (400x225)


スポンサーサイト



[ 2015/07/25 05:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

幌尻岳山

幌尻岳山

山行期間 : 2015年7月10日(金)豊糠山荘泊 快晴
         2015年7月11日(土)幌尻山荘泊 快晴
         2015年7月12日(日)幌尻山荘泊 快晴
         2015年7月13日(月)下山   曇り

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム : 
      *7:00豊糠山荘出発・・7:50バス降りる・・10:00林道から山道・・11:15四ノ沢・・12:30小屋
      *4:40小屋出発・・⒍:25命の水・・8:50頂上・・9:40頂上出発・・13:00小屋着
      *4:05小屋発・・8:00第2ゲート

(7月10日)
 これから重いザックを持ちあの沢を果たして徒渉できるのか?水量は大丈夫なのか?多くの心配と緊張をかかえ、豊糠山荘に着いた。この山荘は平取町が2010年までやっていた小中学校を改装して、できたばかりの居心地の良い宿泊施設だった。
(7月11日)
今日は快晴。沢を徒渉するには水も少なく絶好の条件だそう。ワクワクドキドキ。朝7時シャトルバスが第2ゲートまで運んでくれた。7時50分第2ゲートに着くと、トイレを済ませまずは林道歩き。長くて嫌になりそう。おまけに暑い。延々と林道は続いた。それでも林道脇のヨツバヒヨドリなどの花々が気持ちをほぐしてくれた。前を行っていたお兄さん達と一緒になる。入渓ポイント。そこで沢靴に履き替えここから沢に入る。水は冷たく感じないが、こげ茶のコケには要注意。滑る。そのコケを避け集中して川を渡って行った。透明で綺麗な水・・とても気持ちが良かった。(イワナが沢山泳いでいた)しばらくして、岩のへつりのチェーンを渡る。少し怖いけど沢トレを思い出し、集中し、一歩一歩足場を確保して進んで行った。何しろ背中が重い。何回か徒渉を繰り返し右岸の道を上ったら幌尻山荘が突然現れた。帰りがあるが、これで無事に行きの徒渉は終わったと感じる。山荘では沢山の方達が青シートの上で寛ぎ食事などをしていた。
(7月12日) 
翌朝、5時前に出発。少し遅かった。もう少し早く出れば暑さにやられなかったと思った。登り始めは、トドマツ・エゾマツなどの針葉樹林帯の中をいきなりの急登が続いた。が、意外とペースは順調。喉が渇き、早く命の水へ行きたいと願っていた時「命の水」看板。急いで水を汲み飲んだ。冷たくて、本当に命がよみがえりそうな美味しい水だった。水場を後に急な尾根伝いのコースを上ると、樹林が切れて一気に視界が開けた。素晴らしいー!幌尻岳から戸蔦別岳までも見える。素晴らしい景色!左下には雪渓の残るカール。カールを挟んで幌尻岳も望める。尾根を進みながらのお花畑の花々を、時間も忘れてシャッターを切っていた。チングルマ・ツガザクラ・ミヤマアズマギク・ヨツバシオガマなどなど・・。花々の多さに大感激。しばらくして新冠川コースと合流。少し上るとそこが日高山脈最高峰・幌尻岳頂上だった。思わずバンザーイ!しばらくこの景色から離れたくなかった。帰りもお花を観ながら、ゆっくり幌尻荘に帰った。
(7月13日)
帰りも、また徒渉が始まる。最後に怪我をしないよう細心の注意をはらい下りようと思った。一歩一歩。沢の水も少ない。何故だか行きより帰りの方がずっと楽に沢を渡ることができた。不思議。靴を履き替えた時、緊張感から解放されほっとした。あっと言う間の第2ゲートだった。バスに揺られながら、幌尻岳の花々や美味しい水、緊張したけど楽しかった沢の徒渉・・全てが素晴らしい思いとなり終わった。安堵


お花畑が続く (394x296)
ミヤマキンバイ (373x280)
入渓前難所 (400x300)
幌尻岳頂上 (400x300)
幌尻山荘前 (400x300)
ウサギギク (356x267)
エビヒメクワガタ (373x280)


   
           

[ 2015/07/25 05:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トムラウシ山

トムラウシ山

山行期間 : 2015年7月8日

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム : 3:37分(短縮登山道)
4:52カムイ天上・・⒍:56コマドリ沢・・・8:24前トム平・・10:30頂上・・11:10頂上発・・12:21トムラウシ公園・・1:00前トム平・・1:50コマドリ沢・・3:30カムイ天上・・4:30短縮登山口

  昨年は、台風のためここ東大雪荘まで来ていて登れなかったトムラウシ。
今年こそ制覇しなくては・・。北海道に私達が上陸した7日のトムラウシは、雨が降ったそう。前泊する東大雪荘に向かっていた頃、ヘリの音がしていた。何だろう?
翌日の出発の時刻は、宿の方によると午前2時発、3時発の方がおられ出来れば早い方がよろしいとの由。朝 、目覚ましを2時にセットし3時宿を出発した。短縮登山口に向かう車はラッシュ。宿から10分位の所に住み着いている3匹のキタキツネの子供たちが、そのライトで楽しそうに飛んで現れた。今日は前回と違い怖くはないわい。
短縮登山道に着くと、仮眠した人達の車が20台位すでにあった。みんな早い!朝、3時30分と言うのに明るいし。北海道は本当に夜明けが早い。
昨日のご馳走と素晴らしい温泉でぐっすり寝た私は、快適なペースで歩が進む。カムイ天上からアップダウンする。雪渓の縦断が多くなった。気を付けよう・・・2年前、斜里での雪渓で雪の落とし穴に片足落ちた。夫は落ちないのに・・。
ストックで様子を見ながら通過した。コマドリ沢からは今度は本当に恐ろしい位の長さの雪渓が待っていた。
2人共アイゼンを車に置き忘れてしまった。失敗!ほとんどの人もアイゼン着装なしでの登りだったが、それは過酷でものすごく怖いものとなった。朝が早く雪がアイスバーンになりツルツルと滑る。滑ってスーと下まで行きそうな感じだった。雪渓の半分位までは松葉が敷かれていて滑らなかったが、問題はそれからだった。どうしよう?あっ、昔やった雪トレを思い出した。
日の当たっている場所を見つけ、一歩一歩靴のつま先で穴を掘りながら蹴り進んで行った。成功、成功。雪トレ経験は生きていた。本当に良かったと思った。しかし、そこで相当体力を使い果たした感じ。美しい平らなトムラウシ公園から最後の岩礫帯をヨイショと登ると、そこが頂上だった。皆さんホットした顔をされていて、寛いで見えた。大雪山系や十勝連山の山並みも見え、素晴らしい景色を堪能し、みとれていた。来て良かった!
頂上で、昨日低体温症で68歳の男性がヒサゴ沼辺りで亡くなられた事を聞いた。昨日のあのヘリの音を思い出した・・。
山はいつどうなるか分からない。万全の準備が必要と改めて思った。
ほら貝を「プァ~プァ~」と一吹きされていた白装束の山伏さん。皆さんみな笑顔になり拍手。ホット休憩タイムだった。
帰りもあの長い雪渓を心配したが、帰る頃には雪は解けてシャーベット状になっていた。今度は逆に踵に力を入れながら下りた。難なく下りる事ができた。雪渓、岩、池塘、お花や雄大な大雪の山並みは、とてもバリエーション豊かで面白い山行となった。今でも雪渓をかぶった広大な山並みが目に浮かぶ。が、一日長かったなー。
反省:アイゼンを持っていき車に忘れた不覚、帽子を車に忘れた不覚(タオルを頭に巻いた。これぞターバンあっこ巻)、その他言えない事で不覚(忘れ物多し)。次回の反省材料といたします。


ほら貝 (400x300)
蹴り進む (400x300)
長い雪渓 (400x300)
頂上 (400x300)
コマドリ沢 (400x300)
南沼キャンプ地辺り (400x301)
目印のケルン (400x300)
[ 2015/07/25 05:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

乗鞍岳

乗鞍岳

山名・山域 : 乗鞍岳

山行目的 : ツアーを利用して初夏の3千メートル峰に登る

山行期間 : 2015年7月9日

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム : 新宿西口7:15発~畳平12:25発~30分 肩ノ小屋(休憩10分)~50分 頂上小屋・剣が峰14:00着 14:15発~40分 肩ノ小屋(休憩5分)~30分畳平15:20  16:00バス発~新宿西口21:05着

29名+ガイド2名のメンバー
畳平は曇りだが頂上は5度~0度戸のこと。全員レインウェア上下を着用し肩ノ小屋までの広い道を、鶴が池を回り込みながら進みました。15分程でお花畑コースとの分岐と合流です。「今日は通行止めのロープが張られていないので帰りのコースにします。」とガイドさんの説明。ガスが懸かり眺望が望めないのが残念ですが、その分、花を愛でながら登りました。コマクサ、コイワカガミ、ヨツバシオガマ、ヤマキンバイ、キバナシャクナゲ、イワツメグサと色々の花が心癒してくれました。肩ノ小屋の周りにはハクサンイチゲでいっぱいでした。ここから大雪渓を見ながらザレの山道になります。稜線では風と雨粒が少し強まりましたが、全く寒さは感じられませんでした。ハイマツが終わり岩礫状の道を登るともう頂上小屋、剣が峰。15分休憩し、鳥居をくぐり下山コースを辿りました。帰りのお花畑コースでは不消の池の碧と雪渓、ハクサンイチゲの群生とショウジョウバカマが印象に残りました。
今回の山行をもって日本3000m峰21座+7座登頂を果たすことができ、何かホットした気持ちになりました。


062 (400x300)
058 (300x400)

反省と教訓
・ツアーと云うこともあり念のためツアー保険に加入しました。
小雨でもレインウェアーの下はぬれていました。風呂の無い山行でしたが、替えのウェアーを持っていったので取替えることが出来、風邪対策となりました。

[ 2015/07/14 17:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鷹ノ巣山

鷹ノ巣山

山名・山域 : 奥多摩

山行目的 : 夏山に向けた体力トレーニング

山行期間 : 2015年7月11日

参 加 者 : 3名

ルート、コースタイム : 奥多摩駅駅バス8:35発  東日原8:55 トイレ等 準備
東日原 9:10→ 稲村岩鞍部10:10→ ヒルメシクイノタワ 11:30 → 鷹ノ巣山山頂12:15 昼食12:50 → 六つ石山分岐 14:15 → 林道出合15:40 → 16:15 三河屋麻葉の湯  歩行時間: 6時間45分 

天候 : 晴れたり曇り

梅雨の晴れ間、久しぶりの好天となり、奥多摩駅駅前は登山客でいっぱい。バスは予定時刻前から増発していました。我々は、予定通りのバスにのり東日原へ。途中川乗り橋で多くの人が下車。
登山口は民家の横にある細い階段を下る。わかりにくそうな場所だが鷹ノ巣山への道標がある。
前に15人くらいの団体(山の会)が歩いており、まるでツアーに参加したようにその後ろをついて歩く。
最初は下りが続き沢沿いを登っていく。ところどころで前の団体の歩調が乱れ、これに付き合って歩く。
稲村岩の鞍部にでると、この団体が休憩をとったので、我々はもう少し頑張り間をあけるために登り続けることにした。
奥多摩三大急登のこの岩村尾根、なかなか厳しく傾斜が緩やかになることなくただただ登り続ける。最近運動不足の私には大変つらかった。
山頂は見晴らしがよいが、もやっている空模様で雲取山など近くの山々やふもとの集落が見えた。冬の澄んだ空気のころなら素晴らしい展望だと思った。山頂で昼食をとり長い下りの時間を考え早々に下山。
下山路は比較的なだらかで道も良い。トレーニングランによさそうな下りである。しかし、登りの厳しさの
影響か途中で私の太ももが痙攣し、皆さんの足取りを止めてしまうことが幾度かあり申し訳なかった。また六つ石山分岐を少し過ぎた辺りで、わたしの後ろですごい音とともに振り向くと、Sさんが転んでいた。腕から血を流しており、びっくり。傷が深そうで応急処置。私は、バンドエイドを持参しておらず反省。
自然林が美しい中を過ぎると、稲荷神社がありしばらくすると林道とであう。民家の脇の湧き水をいただき、
汚れたくつもきれいにした。
 再び登山道に入り羽黒神社を過ぎて下っていくと、コンビニ(酒屋)の脇に出てそこで既にビール?
はす向かいにある三河屋の日帰り湯(1,000円)を利用。渓流の脇に風呂場があり、浴槽からは木々の緑がきれいで、空いていてゆったりと疲れた体を解すことができました。
 奥多摩駅 5:40発の青梅行きの電車に乗りました。やっぱり奥多摩は遠い!


写本 -CIMG1453 (300x400)


[ 2015/07/14 17:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

高尾山(ヤッホークラブ)

高尾山(ヤッホークラブ)

山名・山域 : 高尾山

山行期間 : 2015年6月28日

参 加 者 : 2名

ルート、コースタイム : 高尾山口10:00→稲荷山頂上11:00→山頂12:00→休憩13:00→一号路合流点14:00→下山15:00


初めて参加しました。二十人以上の親子が参加し、大勢で驚きました。昨日まで、空模様が怪しく、メールを気にしながら過ごしました。高尾山では一番きつい稲荷山コースを出発する。新緑が清々しい道で気持ちが良い道です。若者や観光客も多く、ザックではなく鞄、町で見かけるような感じで、高尾山を象徴する風景です。稲荷山の展望台からは新宿のビル群、スカイツリーが見える。頂上に着くと、どこから集まってきたのかと思うほど大勢な人で座る場所もないくらいです。休憩は家族単位で、歩いているときも団体で歩くというより、家族単位で歩いていました。Mさんは呼吸状態も快調な様子で、夏に向けてトレーニングになったようです。高尾山はミシュランガイドにのったからか、駅は木の香りがし、きれいになっていました。わたしが初めて高尾山に登ったのは、小学6年の時で、まだケーブルもなく、ゴミだらけの汚い山でした。東京の貴重な山を大切にしたいものです。


IMG_0933 (300x400)



[ 2015/07/14 17:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

丹沢・大倉~花立~塔ノ岳往復

丹沢・大倉~花立~塔ノ岳往復

山名・山域 : 丹沢

山行目的 : トレーニング山行

山行期間 : 2015年7月2日

参 加 者 : 1名

ルート、コースタイム : 大倉~花立~塔ノ岳往復

天 候 : 曇り後土砂降り

朝、4時に起床。空は曇り、雨さえ降らねば良いと思った。
5時前に家を出発したが、コンビ二・ガソリンスタンドに寄って、大倉には5時45分位に着いた。
下調べが悪かった。駐車場は8時30分開門。平日は無料。
早すぎだし、どうしようか?・・そこにどんぐり山荘のおじさんが現れ、¥500で駐車させてくださると言う。
私は一体何をしているのやら・・・。下調べの悪さを反省!
6時位から登り始めた。夫は行かないとの事。で、一人で黙々と登る。
ペースは順調。しかし怖~い。先にも後にも誰もいない!
大きな声で歌を歌いながら、歩を進めた。景色も花も何もない。
茶屋を1つずつクリアして行った。あまりに蒸し暑いので服の調整をした。
ヒルが沢山いるので、座る事も出来ず休憩は立休憩。
堀山の家少し手前で、ものすごい雨にたたられた。
皆さん、カッパ装着じゃなく傘を差しての歩き。
カッパじゃとてもじゃなく蒸し暑いでしょう?と、おじさんに言われた。
蒸し暑くて、蒸し暑くて、中から湯気が出そうだった。
でも、片手がふさがると脚が滑りそうになった時など、バランス感覚が悪いのでは?とも思った。
真っ暗な景色の中、雨にたたられながらとうとう「花立て、塔ノ岳」までは行く事はできなかった。
帰りも立休憩のみで、雨の中大倉を目指し下った。一度の休憩も出来なかった。
ザックカバーで、ザックから食べ物が出せなかった。座るとヒルも怖かった。
帰り、下りはこんなにも階段があったかと閉口した。しかも道は木道が多くなっていたし・・。
雨で滑ることに気を遣わねばならなかった。
車に入って飲み物を飲み、バナナやイチゴのグミを食べたらホットした。
手の甲にヒルがいてグミと間違え食べようとしていた。
帰って政田温泉に入り、時々は大倉尾根のトレーニングも必要かと痛感しながら温まった。


IMG_0359 (400x300)
IMG_0360 (400x300)
IMG_0361 (400x300)




[ 2015/07/05 10:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)