FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

月山山スキー

月山山スキー

山行目的:東北の春山スキーを楽しむ

山行期間:2015年4月18日〜19日

参加者:5名
   
ルート、コースタイム:
4月18日(土)志津温泉えびすや旅館10:00→月山駐車場上10:20-駐車場上10:20―(10)月山リフト乗り場10:30―リフト頂上駅10:50~出発11:00―(1:00)お昼12:00~12:20―(35)8~9合目付近12:55~下山13:00―(1:00)姥ヶ岳14:00―(30)駐車場14:30―(35)車道15:05―(10)えびすや旅館15:15     行動時間 5時間15分

休憩・お風呂 懇親会18時30分~泊 えびすや旅館0237-75-2021

4月19日(日)朝食6:45―志津温泉えびすや旅館8:00→月山駐車場上8:20駐車場上8:20―(10)月山リフト乗り場8:30―リフト頂上駅8:50~出発9:15―(20)姥ヶ岳9:35~9:45―(20)シール10:05―(35)湯殿山前ピーク10:40―(25)湯殿山11:05~11:30―(35)ビジターセンター12:05―(20)車道12:25―(15)えびすや旅館12:40        行動時間 4時間40分

志津温泉12:55~13:15―お昼13:30―解散式13:40

1年ぶりに東北スキー協の月山山スキー行事に参加してきました。ほとんどのメンバーは顔見知りなので不安はありませんでした。4/18は少し風の影響がありましたが両日とも天候に恵まれ最高の山スキーを堪能しました。初日は4/11にオープンしたばかりの月山スキー場のリフトを利用してリフト上駅で降りて、スキー板にシールを付けて右手に見えている月山に向けて左の姥ヶ岳の斜面をトラバースしながら歩き始めた。雪がしまっているので歩きで登山している人もいました。右下には地元のガイドツアーに参加しているスキーヤーとボーダーの大集団が小さく見えてなんとも雄大な光景が月山に向けて広がっている。1時間ほど歩き牛首に着き昼食となりました。昼食後は急斜面を登りますが風も強くなり斜面の雪も風が当たる為アイスバーンになりつつあるので 1900m地点でリーダー判断で降りることに決めた。メンバー全員硬い雪面を緊張しながらゆっくり鞍部まで滑ってきて一安心です。
帰りは来たルートをたどり姥ヶ岳に登りますが風が強くなり駐車場方面にトラバースして一気に斜面を滑り降り駐車場前に到着。この斜面はゴールデンウィーク辺りから全体がコブ斜面になりモーグルの練習斜面になるそうです。
4/19は予定より早く出発出来たので姥ヶ岳に登り湯殿山に行きました。湯殿山の頂上は夏道が付いてないので積雪期しか行けません。
姥ヶ岳の西斜面を滑り降り(快適な斜面です)湯殿山の鞍部からシールを付けて登り始めます。最初のピークまでの登りが急斜面なのでかなりのキツさでしたがそこからは湯殿山の頂上が見え、細かいアップダウンを繰り返し登ると着いた。
頂上には何名かスキーヤーがいたが暫く休んでいると30名ほどの団体がスノーシューを付けて我々が降りる斜面から登ってきた。登山のガイドさんに記念写真を撮ってもらい湯殿山の豪快な東斜面を一人ずつ滑り降り皆さん大満足の顔で沢沿いを宿まで滑り降り終了となりました。
2日間行動時間は少なかったのですが初ルートで天候に恵まれて初月山を満喫できました。

P4180506 (400x225)
P4180498 (400x225)
27041939_ __  日牧渡皆静畠潤 (400x300)
27041930_ __ _ 殿山 渡畠日静潤牧皆の (400x300)
27041828_ __  静皆日畠渡牧潤 (400x300)

スポンサーサイト



[ 2015/04/30 11:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

笹尾根

笹尾根

山行期間:平成27年4月18日

参加者:4名
   
ルート、コースタイム:
上野原駅【8時15分】~(バス)~「棡原局前」バス停【8時40分】~ 棡原小学校【8時48分】~登山道入り口【9時13分】 ~尾根で休憩【9時40分】~日原峠(900m)【10時10分】~土俵岳(1005m) 【10時28分】~丸山(1098m) 【11時16分】~数馬峠で昼食【12時05分】~西原峠【13時00分】~槇寄山(1188m)【13時05分】~西原峠【13時15分】~蛇の湯温泉・たから荘【14時13分】~数馬バス停(徒歩3分)~(約1時間)~武蔵五日市駅

朝8時JR中央線・上野原駅バス停に集合し、飯尾方面バスで「棡原局前」で下車し、    国道33号線に向かって左側の細い道を登って行きます。途中、棡原小学校のそばを通り、車道に何回か出ながら、少し傾斜のあるのんびりした里山を登って行きます。ほどなく「日原峠方面」という道識があり、登山道に入りました。高い杉林に囲まれ、サクサクと落ち葉を踏みしめながら少しずつ高度を稼いでいきます。「八重山トレイルレース」という小さな案内版が所々にあり、山岳マラソンのコースにもなっていました。最初に出た尾根で休憩しましたが、地図で見ると最初そこが「日原峠」ではと思いましたが、「日原峠」はもう少し先で、地形的に勘違いをしやすい場所でした。少しぼやけた富士山でしたが何とか見えました。道はとても歩き易く快適でした。「日原峠」まではかなりの急登で汗をかき途中で薄着に成りましたが、尾根に出ると、下からの風がさすがにまだ冷たく、上に一枚着ることになりました。「笹尾根」は飽きない程度の適度なアップダウンがありましたが、全体的にはなだらかな感じでた。すれ違うハイカーも何人かいました。道標はポイントごとに細かくあるので道に迷うことはないと思います。「数馬峠」で遠くにぼんやりとした富士山を見ながら昼食をとり、ホットした時間を過ごす。その後、30分くらい行くと「西原峠」に着き、そこに荷物をデポし空身で「槇寄山」まで坂を数分登り、他の方に集合写真を撮ってもらい、また「西原峠」まで戻り、温泉目指して一気に下山開始。登山道が終わると。東京都で唯一の村である「檜原村」に出ました。古民家がポツリポツリとあり、庭先には、白やピンク、赤などの花をつけた木々がいたる所に植えられ、本当に長閑な里山の風景をかもし出していました。また「たから荘・蛇の湯温泉」は、東京都で唯一、「日本秘湯を守る会」に入っている、古民家をそのまま使った温泉宿です。帰りは「数馬バス停」から1時間ほどバスに揺られて「武蔵五日市駅」まで戻りました。

槇寄山 (400x300)
日原峠 (400x300)
西原峠 (400x300)
檜原村の古民家 (400x300)
[ 2015/04/30 11:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

大山ハイク

大山ハイク

山行期間:2015年4月12日

参加者:8名
   
ルート、コースタイム:
日向薬師バス停8:45-登山口9:15-見晴台10:15-大山山頂11:43-同12:30発―蓑毛分岐13:20-念仏山15:08-弘法山分岐―小田急東海大学前駅傍「さざんかの湯」16:25-下山報告16:33

週末の天候が安定せず久しぶりの好天となった今回、皆さん元気よくバス停を出発した。沢沿いに暫く歩くと登山口に着く。そこからジグザグに九十九曲がりを登るとお地蔵さんが迎えてくれた。ひと頑張りで見晴台に。
眼下の景色を見ながら一本取り、雷の峰の急登へ向かう。老若男女とすれ違いの挨拶を交わしながら一本調子の登りを行くと下からケーブル駅の構内アナウンスが聞こえてくる。何となく山頂が近くなった雰囲気を感じるとひょいと山頂の一角へ到着した。海に向かった眺望が素晴らしい。春の霞がすこし残念か。山頂を周回するトラバース道の脇でランチタイムとした。
ゆっくり休んで出発。下社への参道を行き、途中蓑毛方面へ。更に下社への側道を左に分け、登山道を下ると道は広くなり、防火帯の趣となる。送電線の鉄柱と小さなコブを何か所かやり過ごし念仏山に到着。Mさんがトップを引いてくれ、ほぼコースタイム通りで通過。休憩分が乗っかった通過タイムで順調にここまで来た。久しぶりのメンバーもしっかり歩けている。後は弘法山の脇から東海大学前駅方面に下るのみ。この辺の桜はほぼ終わっているが時折鮮やかな色合いの木も残っていた。
下山路はWさんのナビに導かれ効率よく駅に到着した。駅から5分とは言え最後の急登を喘いで登り「秦野温泉 さざんか」に到着。温泉入浴後館内レストランで「反省会」を開催し18:00解散とした。メンバーの計測によれば40,000歩近く(自宅から)歩いた模様で、「皆さん本当に良く歩きました」。
目的の「里山をしっかり歩く」を達成し、疲労感が心地よく、近場でも雰囲気は出るもんだと近隣のハイキングエリアを再認識した一日だった。

○備忘録
・伊勢原駅から日向薬師は北口3番乗り場で終点まで23分
・伊勢原駅一階にスーパーマーケットあり
・弘法山エリアから東海大学駅前方面へは道標見当たらず(鶴巻温泉方面は沢山見かけた)
[ 2015/04/20 17:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ミツバ岳

ミツバ岳

山行期間:平成27年3月28日

参加者:3名
   
ルート、コースタイム:
新松田駅8:10(バス)→ 浅瀬入口9:01 → 滝壺橋(準備10分)9:40 → ミツバ岳10:50(昼食20分) → 権現山11:50 → 休憩(20分)→ 二本杉峠13:00 → 細川橋13:35分 → 中川温泉(ぶなの湯)14:53 → 新松田駅16:04

天候:晴れ (とても暖かい日でした。)

【歩行時間】 4時間

当初の計画では3月29日だったが、2日前の天気予報では雨の確率80%だったので、急遽繰り上げて28日に変更しました。計画したSさんとDさんは残念ながら不参加となりました。
新松田駅前は登山客で混雑していましたが、経験豊富なWさんは早めに到着し余裕の表情でした。バスは予定通り浅瀬入口に到着。長いトンネルをくぐって丹沢湖沿いに歩くこと30分、滝壺橋に着き準備を済ませ、急傾斜の登山口に取り掛かかりました。ぐんぐん高度を上げ、少し体が慣れたころ針葉樹林帯の薄暗い九十九折の登山道をしばらく行くと、早くも低木のミツマタが白とオレンジ色の花をつけお出迎。歩きはじめて40分ほどたった頃からは、明るい広葉樹林帯となり傾斜も緩やかになり、花の写真を撮りながら進むとミツマタの群落に囲まれた頂上に着きました。西側の斜面からは手前に花、中間が緑の樹林、奥には雪を被った富士山がどっしりと構え圧巻でした。
十分に楽しんだ後権現山に向かうと、南斜面には2-3か所ミツマタの群生地が見られました。ややきつかったがひと登りで頂上に着くと大勢の先客が休憩しおり、我々も寛ぎました。ここから丹沢湖方面に下山もできるが、我々は二本杉峠に向かったところ、いきなりの急下降、木の根に足を取られないよう慎重に歩きます。2か所ほどの急斜面を下ると峠に出て一休み。ここから直進すると屏風岩山方面ですが、右折して細川橋を目指します。途中2-3か所ガレ場があり慎重に進みました。40分ほどでバス通りですが、ちょっと手前からバス通りを逆歩してぶなの湯で汗を流しました。バス停にには臨時始発バスがあり、ゆっくりと座れたのはラッキーでした。
※反省と教訓
・4-5年より前の地図には、滝壺橋―権現山のルートは乗っていないが、明瞭な登山道で危険個所もない。
 ・ぶなの湯温泉 700円 
  ・かなりの急登だが距離は短いのでゆっくり登りたい。
 ・トイレは全行程中にはない。  

image_convert_20150403062337.jpg
[ 2015/04/03 06:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)