FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

丹沢表尾根

丹沢表尾根

2014年6月21
参加者:6名

コース:
ヤビツ峠(8:15)→二ノ塔(9:45)→三ノ塔(10:10)→烏尾山(10:45)→
行者ケ岳(11:15)→新大日(12:10)(昼食1)→塔ヶ岳(13:10)(昼食2)→
堀山(14:40)→駒止(15:00)→大倉バス停(16:00)

天候:1日中曇り、たまに薄日が差す。

秦野駅 ヤビツ峠行き始発7:30 私が着いた7時10分は既にバス乗り場は行列。暑いこの時期に丹沢へ行く人はそんなにはいないだろうと思っていましたが、中高年に混じり若者たちも・・・登山ブームでしょうか?
ヤビツ峠は思ったよりは涼しい。トイレ・準備体操後出発。林道をおしゃべりしながら歩き、登山路に入る標識を見落としそうになりました。二ノ塔までは登りが続き、クリーンハイク以後、久しぶりに歩くためか閉口します。30分に1本ほどの休憩を入れ、ゆっくりと登ります。
二ノ塔から少し下って登り返します。晴天なら展望の良い表尾根ですが、たまに、霧の切れ間から下界が見えるくらいです。でも、山肌には、ヤマボウシやウツギの白い花が美しく映えて、風が吹くと涼しくこの時期としては歩きやすい天候でした。
行者ケ岳の少し先で、鎖のついた岩場の下りでは、少々渋滞しました。新大日で12時を過ぎたので、1回目の昼食休憩をとりました。新大日からは、なだらかな尾根道が続き快適です。少し急登を頑張るとそこが塔ヶ岳。
山頂は大勢の登山客がお昼ご飯をとっていました。我々も2回目の昼食をとりました。
下りは、大倉尾根です。木道や木の階段で下るばかり。途中いくつかの小屋を通り過ぎました。あきあきするほど下り続け、車道に出て大倉バス停に到着。
※登山道は整備され道標も要所にあります。
※2年前にはなかった、バイオトイレが設置されていました。(三ノ塔?・花立 ?)
※湿度が高いのか、気温の割に疲労感がありました。

P1070302_convert_20140623183537.jpg


スポンサーサイト



[ 2014/06/23 18:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

入笠山

入笠山
日時:6月13日(金)晴れ一時雨のち晴れ
メンバー:1名+他10名
コースタイム:ゴンドラ頂上駅10:25・・湿原入口11:01・・山彦荘11:10・頂上12:15・・首切り登山口13:00・・入笠山登山口13:40・・駐車場15:20

前日までの大雨、決行か否か気をもんだ。
でも、当日は晴れ、しかも快晴。6時30分出発、入笠山へと車は向かう。
諏訪南インターを降りると、そこは爽やかな高原の空気!
入笠山駐車場に着くと、マイカー規制のためゴンドラ使用となる。ゴンドラは1050mから1780mへと一気に高度をかせぎ上がっていった。
前方に八ヶ岳が見ながら、スキー場を横切りながら、ゴンドラ頂上駅に着いた。

着くと、まだ早いかなぁ~と、思える蝉の大合唱が聞こえ、加え、一面爽やかなすずらんの香りが立ち込めてきた。なんともいい香り~。
そこから、入笠湿原へと向かった。
その湿原も、すずらんのいい~香りに埋め尽くされていた。
ゆっくりゆっくりと散策。
湿原の木道を降りると、右手に少しピンク色をした真っ白い花々が、沢山咲き連ねていた。調べると「ズミの花」だった。
初めて見た花で、サクラやリンゴの花びらに似て、すごく印象に残った。

山彦荘に着いた時、雨が突然降ってきた。ここで雨具装着。
頂上へと向かう途中では、クリン草・ニリン草・ゴゼンタチバナ・ズミなどの花々を沢山見ることができた。大満足!

頂上までは少しきつい坂を上って行った。
頂上に着くと、雨はあがり、快晴。雲が消え大パノラマの世界が広がっていた。
八ヶ岳、諏訪湖もすぐそこに。
風が強く、髪の毛やカッパが暴れすごい事になった・・・。
昼食は頂上でいただいたが、おにぎりとお漬物はいつものこと美味しい!
途中、ワラビが沢山あったが、あちらこちらにある「とっていいのは写真だけ」の看板がしっかりと心に響き、ワラビは横目で見て後にした。
花々と香りが脳裏一杯に広がる花山行だった。
(道の駅「信州蔦木宿」の源泉で脚の疲れをとり帰路) 
   

P1010019.jpg

P1010027.jpg

P1010035.jpg

【アツモリソウ・赤】
アツモリソウ・赤

【アツモリソウ・白】
アツモリソウ・白

P1010005.jpg
[ 2014/06/15 12:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

梅酒(小田原梅)

番外編 「梅酒」仕込みました。

本日、小田原産の梅で梅酒を仕込みました
梅、1,25kg
ホワイトリッカー2.3L
氷砂糖600g

今年は大きめの容器で仕込みました
山行とはあまり関係ありませんが、山行報告の合間にこれからは
四季折々の目線で報告していきます。

来年が楽しみです
因に昨年仕込んだ梅酒は炭酸と割るとなかなか行けます
今年はいつもと違い、梅を乾拭きでは無く、日光で乾かしました
来年の味か楽しみです。


P6090053_convert_20140609150640.jpg
[ 2014/06/09 15:20 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

甲武信ヶ岳

甲武信ヶ岳

日時:6月2日(月曜日)晴れ
メンバー・1名+他1名
コースタイム:6:30毛木平…8:35ナメ滝・・・10:00源流・・1030分岐・・・11;05頂上・・11:45頂上発・・・14:40毛木平

ピンクの可憐な花、アズマシャクナゲがまだ咲いていたらと、甲武信ヶ岳に行きました。
当日は、午前2時20分起床。おにぎりなどを準備して午前3時に自宅を出発した。
目指すは、信州、川上村。何年もこのスタイルでの登山はやっていない。すごく強行だ。
相模湖辺りで夜明け。長坂インターをおりたら八ヶ岳が雪をかぶり出現した。山はいいな~。目指す川上村辺りの家々の庭や街道には、ルピナス・ジャーマンアイリス・アヤメ・フジなどの花々が綺麗に咲いており空気は爽やか、温かく歓迎してくれていた。

毛木平に着くと、20台位車が駐車していた。トイレもあり。
急いで、朝食を済ませ6時30分出発。
ネットでは、このコースはとても楽チンとの事。まずまずでしょうと、甘くみていたが、後でえらい目に合う・・。

ピンクのミツバツツジが色鮮やかに咲いていた。シャクナゲもちらほら・・。このルートでのシャクナゲはほんの少しだけだった。コミヤマカタバミも咲いていた。可憐。

カラマツの覆う千曲川沿いをたどると、大山祇神社。安全登山の祈願をして登り始める。

心地よい沢の音を聞きながら、ずっとずっと緩やかな登りが続く。ずっとずっと・・。
沢を何度か渡った。まるで、北海道の斜里岳の徒渉と思う。

飽きそうになるので、飲み物や食べ物にしようかと思うが、小さなハエのような軍団がやってくる。やっていられない・・。
それでもようやくナメ滝。ここからも長い、同じような景色と緩やかな登りが続いた。

沢の音が急に消えたと感じた、まさにその地点!そこが、信濃川・千曲川源流地点であった。
急いでその地点に行くと、綺麗な清水が滾々と、苔むした砂岩の隙間から静かに湧いていた。飲めるかな?と、思いつつ、飲んでいた。とても美味しく甘い水だった。

そこからは、苦闘の山登りが始まる・・。雪はまだ解けず、ツボ足で雪の中を歩く。
雪解けで凍ったその上が一番恐怖。滑る!アイゼンは持参していたが付けない方がいい。
其の上、しゃべる事が出来ない位の虫の軍団の出現!目はサングラスで保護をした。
しゃべると口に虫が何匹も入った。鼻からも何匹も入ろうとする。息ができない!
食べる事も、しゃべる事も出来ない苦痛と雪の急登だった。苦しい~!

そしてやっと尾根に出る。そこから頂上に向け歩くと、南方向に富士山がぽっかり見えた。
富士山を見るとなぜかホッとした。

最後にガレ場の急登を力一杯に登ると、甲武信ヶ岳頂上だった。
八ヶ岳や金峰山、北岳・間ノ岳、近くには国師ヶ岳が見え、本当に素晴らしい大パノラマだった。
クライミングをした小川山も見えた。
頂上では、地図を見ながらおにぎりを食べ、気持ちの良い時間を過ごす事ができた。虫は不思議といなかった。

帰りも尾根から源流地点位までは雪に注意しながらくだった。
ナメ滝下でNHK百名山の取材の方々と会った。カメラが小さく分からなかった。
優しく誠実そうな女性の方が好印象だった。
脚も疲れ延々と下っていたら、突然の大雨。カッパの上着を急いで着た。毛木平に14時40分到着。雨は上がって青空になっていた。
雪・氷・虫・突然な雨にたたられた山行だったが、それらすべてとあの素晴らしい頂上での景色は、いつまでも思い出になる事でしょう。

帰りは、「燈明の湯」で脚や体の疲れをほぐした。
ここはインターから遠かったが、源泉温泉で、ポカポカになって帰路についた。

    
反省点:体力的には前泊か山小屋泊をすればもう少し楽だったかも。
    雪解け時期の虫対策を怠った。(ハッカ油か虫除けスプレーなど)
    (過去、那須岳この時期虫に遭遇あり)

P1010104.jpg

P1010088.jpg

[ 2014/06/04 11:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

丹沢クリーンハイク

丹沢クリーンハイク

H26年 6月 1日提出(提出者:S・K)

丹沢・大山
山行目的:県勤労者山岳連盟主催の丹沢クリーンハイクへの参加
山行期間:H26年5月25日 日帰り
参加者:9名+1名(他)
ルート、コースタイム
伊勢原駅から路線バス8:02発  大山ケーブル下車8:20
大山ケーブル9:00発  阿夫利神社9:30より表参道清掃登山開始
大山山頂(清掃終了)11:45着   昼食休憩45分  大山山頂発12:30
イタツミ尾根を下山  ヤビツ峠13:30  13:55バス乗車

・伊勢原駅で会の名称・参加者数を伝え受付をする。ゴミ袋(ビンカン用・燃えるゴミ用の2種類)と軍手を人数分受け取る。
・混雑回避のため早めに出発。AMさんが先発し切符の購入をしてくださった。
・トイレはケーブル下車し、少し歩いた所にあるようでした。
・下社、利き酒大会会場脇で準備運動後、出発。
・夏日の天気予報でしたが、思ったより山の中はさわやか。しかし、清掃登山をはじめると汗が止まらない。
・ゴミは登山道の脇や、休憩を取りやすそうな場所にあった。また、古いゴミ、ビンやガラス、缶が多かった。
・ゴミを拾いながら、時間をかけての登山で、山頂に近づく頃には登山道は混雑してきた。
・山頂少し下の、イタツミ尾根分岐にゴミを置いて山頂へ。
・山頂で県連役員の方に、団体名・人数を伝えた。
・山頂では、帰りのバス便の調整のためゆっくりと昼食。
・予定通り下山し、ヤビツ峠でゴミを計量。(17キロ、?)

○鶴巻温泉駅近くの弘法の湯で反省会。(事前に情報、協力を頂きありがとうございます。)
○お忙しい中、参加していただいた皆様、お疲れ様でした。ご協力ありがとうございます。

DSC00511.jpeg

P1070272_convert_20140601175404.jpg

P1070282_convert_20140601175451.jpg

P5250081_convert_20140601180221.jpg



[ 2014/06/01 17:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

岩トレ(幕岩)

岩トレ

場所:幕岩
山行日:2014/5/31
参加者:4名 
天候:快晴

5月31日(土)
湯河原駅8:55集合、9:00幕山公園(バス)¥260
幕山公園(バス)15:09→湯河原駅¥260
場所:桃源郷「いんちきするな 5.8」「蟻さんルート5.8」
   アリババのテラスで懸垂下降練習


天候は真夏を感じさせる幕岩です、桃源郷に付く頃には汗だくです。
今回は天気がよすぎたせいか、クライマーが少なく、アリババの岩場、桃源郷は登り放題でした
2年ぶりのロープワークですっかり皆さんセッテング、使い方を忘れていました
「アリババの岩場」テラスで懸垂下降用の支点の取り方、下降器セッテングして下降までを
皆さん習得まで行いました。
多分これで一人で何が有っても生還出来るでしょう?
その後、「いんちきするな」にロープセッテング、先ほぼ皆さんが習得した、バックアップセッテングして懸垂下降し、その後クライミング練習を行った。
「いんちきするな 5.8」を2本、「蟻さんルート5.8」2本を登り本日は終了としました。
公園内管理棟でみかん、レモンを購入してタイミングよくバスの乗り湯河原駅まで、近くにある日帰り温泉に行ったが料金が1650円とお高めだったので今回はパス、近くのそば屋に入り今回の反省会をして帰浜しました。




[ 2014/06/01 08:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西丹沢 ミツバ岳

西丹沢 ミツバ岳

山行日:2014年5月17日(土曜日)
参加者:2名
天候:晴れ
ルート:新松田7:25〜浅瀬入口9:08〜滝壺橋9:37/9:42~ミツバ岳10:39/11:13
~権現山11:51/12:00~二本杉峠12:36/12:40~細川橋13:26/13:35~ぶなの湯13:55

三椏の花が最盛期の頃がこの山の旬ですが、来年の下見を兼ねて新緑を見にいって来ました。浅瀬のバス停で降りたのは予想通り我々二人だけ、登山口迄30分丹沢湖の周回道路を歩く。
草で覆われた登山口を入って行くといきなりの急登です。杉林の中の急登が約20分程続き、少しだけ緩くはなり、途中で杉林からぶな林に変わります。このぶな林の新緑のみずみずしさに目を奪われ元気をもらいながらもミツバ岳迄ほぼ一本調子の登山道を登ると山頂に到着です。
このルートは私が持っている2008年度の「山と高原地図」丹沢にはルートが引かれていませんでしたが、2013年度版では権現岳迄点線ルートが引かれています。ここ数年で一気に三椏で人気になったようです。

ミツバ岳の頂上からは富士山の展望がすばらしく、三椏の木がたくさんあるので花が咲いていたらきっときれいな絵になるでしょう。
権現山迄は少し下りそこからまた、一気の登り坂です。ここ迄一組の家族とすれ違っただけで静かな山歩きが楽しめました。権現山では木立に囲まれ新緑に癒されます。二組の登山者しかいません。
権現山から急斜面をちょっと早めに降りて来てしまいましたがバスが1時間30分待ちなので、細川橋のバス停から中川温泉「ぶなの湯」迄は20分程なので予定を変更して久しぶりに入りましたが、時間が早いせいかすいていて、露天風呂がリニュ−アルされてきれいになっていました。出る頃になるとお客さんが入り始めていました。
その後は予定通り山北駅で降りて駅前の「ポッポ駅前屋」で反省会をして帰りました。

反省点 帰りのバスの時間を見間違えていました。しっかり確認しなければいけません。


DSC00504.jpeg
DSC00489.jpeg
DSC00482.jpeg
[ 2014/06/01 08:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)