FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

塔ノ岳(大倉尾根)

塔ノ岳(大倉尾根)

日 時  平成25年6月23日(日)
山 域  表丹沢 塔ノ岳(大倉尾根)
参加者  2名
天 気   曇り時々晴れ
コース
大倉バス停(7:52)→(8:30)雑事場の平(8:40)→(9:30)掘割山の家(9:40)
→(10:20)花立山荘(10:35)→(10:55)塔ノ岳(11:35)→(12:00)花立山荘(12:05)→(12:35)掘割山の家(12:40)→(13:15)見晴茶屋(13:20)→(14:00)大倉バス停                                  
                             歩行時間 6時間08分
 
 台風4号も温帯低気圧となり、貴重な梅雨の晴れ間、新調した登山靴と足を慣らしに塔ノ岳に行くことにした。3か月振りである。“涼しい時間に行動を”という人が多いのか、
早朝バスが大勢の人を運んでいく。駐車場も長蛇の列。学生のパーティも多く、富士山の山開きが近いせいか、若い人達や、家族連れもたくさんいて賑やかだ。登山靴の紐を調整して出発。5月下旬に労山協のクリーンハイクが行われているので登山道がどのように整備されているのか。観音茶屋から雑事場の平に行く途中の崩れた登山道は修復されてロープが張られていた。木道の階段は新しい釘が打ち直されていたり、ボッカ大会で運んだ砂利も階段や登山道に撒かれていたり、いたるところに人の手が入り整備されていた。ただ残念なことにトレイルランの方が下ってくるときせっかく整備された登山道を壊したまま走り去ってしまうのは残念。そして登ってくる人と衝突しないか冷や冷やしてしまう。登山道は、昨日も雨が降ったのか岩や木道の丸太が滑り易い。また、蛭に注意。私たちは今回登山道が広く、すれ違う時も草むらを避け、真ん中が歩ける大倉尾根を選んだ。
9時30分頃、周りの山稜を見るとかなりのガスが上昇。もしかして午後天気が崩れるかもしれないと下山を早めにと少し急ぐ。花立は氷の幟。シャカシャカと小屋から氷の削る音が聞こえてくる。頂上はたくさんの人。早めの昼食を終えて下山。花立小屋からは相変わらず氷の削る音。書き入れ時?空には小さな雨雲。しかし雨は大丈夫そう。登りで無理をしたせいか、右ひざが痛みだしサポーターの世話になり下山。バス停で学生のパーティの脇で身支度をしていたら、先生が“蛭が居ないか靴を脱いで確認しろ”との声に私たちも靴を脱ぎお互いの体も点検。学生のほうはあちらこちらで“先生、蛭”。先生は塩の袋を持ってあちらこちら塩をまいていた。三の塔尾根からの下山とか。駅でも、蛭の被害にあった人の両足のズボンが血だらけだった。花はほとんど見られず、痩せ尾根でトウゴクヒメシャラが辛うじて見られた。春ゼミも賑やかでした。登山靴は紐の調整に慣れれば大丈夫。これからの山行に登場だ。この時期、丹沢は蛭対策として各自準備は必要と思った。

P1050790.jpg

P1050796-1.jpg

P1050802.jpg

スポンサーサイト



[ 2013/06/30 12:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

甲武信ヶ岳

「甲武信ヶ岳」山行報告
6月8日(土)  コースタイム
西沢渓谷バス停9時48分⇒西沢渓谷入口10時08分⇒徳ちゃん新道入口10時17分⇒徳ちゃん新道途中で休憩10時35分、11時20分、12時15分⇒戸渡尾根で昼食12時40分⇒木賊山手前で休憩13時35分⇒木賊山で休憩(鷹を持った男性と懇談)14時15分~30分⇒甲武信小屋(小休止)14時40分~15時10分⇒甲武信ヶ岳山頂(眺望よし)15時25分⇒甲武信小屋15時50分
6月9日(日)
甲武信小屋6時20分⇒甲武信ヶ岳山頂⇒三宝山6時50分~7時⇒尻岩7時30分⇒武信白岩山7時50分~8時⇒大山(眺望よし)8時50分~8時55分⇒十文字峠(コーヒータイム)9時30分~10時08分⇒毛木平(長い車道歩き)11時30分⇒梓山バス停12時25分お疲れ様 ⇒診療所前(ヘルシーパークでお風呂) ⇒診療所前⇒信濃川上駅(JR小梅線)

2013年6月8日~9日まで、「甲武信ヶ岳」に行って来ました。メンバーは、7人です。朝、7時前に八王子駅に集合し、塩山まで電車。「西沢渓谷」行きのバスに乗りました。登山客が多く、1台増発になり、運よく座ることが出来ました。1時間ほどで到着し、各自準備運動をして、歩き始めました。空は最初少し曇っていましたが、だんだんと晴れ間が見えるようになってきました。
徳ちゃん新道の登り始めが、約1100メートル。甲武信ヶ岳山頂が2475メートル。距離は約10キロ。登りがほとんどで、結構きつい斜面をずっと登るような感じでした。お目当てのシャクナゲは、もう終わりみたいな感じで、あと一、二週間早ければ見頃だったかもしれません。でも場所によっては見られる所もあり、なんとか間に合ったかなあと言った感じでした。また、木賊山の少し手前の北斜面には残雪がありました。
木賊山で休憩をとっていると、鷹を手に持った男性と出会いました。まじかで鷹を見るのは皆さん初めてで、その男性に鷹のことを色々と教えてもらったり、鷹の写真を撮ったりして、山中での思わぬ出会いを楽しみました。
甲武信小屋には、2時半過ぎには到着し、チェックインして、リックなどは置き、ほとんど空身で、甲武信ヶ岳山頂を目指しました。山頂は小屋からすぐの所にありました。天気も良く、眺望は抜群でした。「甲武信」で「拳」を揚げながら、皆さんで写真を撮り、満足して山小屋に戻りました。千曲川源流も行くつもりでしたが、時間的に厳しかったので今回は諦めました。山小屋の夕飯はカレーで、御代りはなしでした。その後、山小屋の御主人が制作した山や花のビデオを観賞しました。天気も良く週末だったので、宿泊者が160人ぐらいになり、夜は2人でひとつの布団に寝ることになりました。
2日目、甲武信小屋の前で御主人と一緒に写真を撮り、出発しました。徳ちゃん新道の「徳ちゃん」は、この御主人の名前からとったそうです。再び、甲武信ヶ岳山頂を通過し、三宝山、武信白岩山、大山などを通って行きましたが、かなりアップダウンがあり、思っていた以上にきつく感じました。シャクナゲが咲き誇っている十文字峠では、パウンドケーキとカフェオレで、のんびりコーヒータイム。心豊かな気持ちになって、最後の歩きを頑張りました!毛木平の駐車場までは山道、その後は長~い車道歩きとなりました。両側にレタス畑が延々と続いているアスファルトの道を、“初夏の陽ざし”を受けながら、梓山のバス停を目指して歩きました。「診療所前」で途中下車し、ヘルシーパークでお風呂と昼食にしました。このヘルシーパークは4年ぐらい前、小川山に行った時、帰りに寄った所です。ローカルな雰囲気漂うJR小梅線の信濃川上駅から電車に乗り込み、帰路に着きました。2日間とも天候に恵まれ、初夏を思わせるような暑さと青空の下、とても楽しい山旅になりました。参加された方、お疲れ様、ありがとうございました。            
[ 2013/06/16 10:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

大室山/西丹沢

ハイキングリーダー養成山行3(大室山)

日   時 H25年6月1日(土)~2日(日) 
場   所 大室山/西丹沢
天   候 6/1 晴れのち曇りのち雨  6/2 曇り(霧雨)のち晴れ
参 加 者 11名(講師4名)
コース
 6/1(土) 新松田駅(8:25)==西丹沢自然教室スタート(10:02)→(10:28)用木沢出合(10:40)→(12:15)犬越路避難小屋(13:00)→(13:58)小笄(14:00)→(14:45)大笄(15:00)→小笄(15:52)→(16:40)犬越路避難小屋 【歩行時間】 6時間00分

6/2(日) 犬越路避難小屋スタート(6:45)→(8:30)大室山(8:46)→(9:15)分岐より200m先木道→(9:20)白石峠分岐(9:30)→(10:20)犬越路避難小屋(11:20)→(12:47)用木沢出合→(13:20)西丹沢自然教室(解散) (天候不順のため計画書変更) 【歩行時間】 5時間30分
 
天気は晴れ。新松田駅は臨時バスが出て大勢の人を裁いていく。明日の天気が心配だが西丹沢教室で確認することにしてバスに乗り出発。今回の山行は2回目の鷹取山でのトレーニングの体験したことを、鎖場や岩場で歩く。テント泊、テント設営、避難小屋での交流など10月の赤岳登山のトレーニングも兼ねての山行です。西丹沢教室で情報の確認、明日の天気が雨模様だが出発。オートチャンプを左に見ながら舗装道路を歩くと用木沢出合。犬越路はゲートのある右手の林道に入りすぐに左手の鉄の用木沢公園橋を渡る。水量は少なく木橋で右岸・左岸を渡り返して河原に出たら右岸に渡り、歩く。土止めの階段が現れたらざらざらした崖の上に出る。「転落事故注意」の注意表示を過ぎ、暫く登るとコシツバ沢。涸れ沢をジグザク登り稜線に出た所が犬越路。避難小屋は大室山方面に少し登ったところに建っている。お昼と休憩を取り、避難小屋に荷物を置いてサブザックで大笄に向かう。地形図を見ながら犬越路隧道の分岐・短い急登と急下りを繰り返しながら登っていくと花が散って少し木に残っている白ヤシオ・ミツバツツジが・・・。そしてなんと曇っているのに富士山が見えた。みんな歓声。先に進むと小さなピークごとに、岩のむき出した斜面に鎖場や鉄梯子が現れる。下ってくる人がたくさんいて渋滞。お互い譲り合いながらやがて小笄なのだが大笄ともども道標がなく地形図で確認をするが?マークのまま進んでしまい神ノ川分岐まで進んでしまった。予定通りの時間で避難小屋に帰りさっそくテントを張り、夕食。小屋は貸切状態で交流会、20:00に就寝。朝5時に起床。天気は小雨。とにかくテントをたたみ朝食。7時には出発なので身支度を整える。空を見れば少し明るくなって来ている、雨は降っていない。予定通り白石沢ルートで下山とリーダーが判断。しかし講師から白石沢は雨天時は滑り易く通行禁止の場合ありで今回は大室山ピストンでのルート変更の申し入れがあり。サブザックで大室山に向かう。避難小屋の横の急斜面を登り尾根歩きに入ると天気はだんだん晴れてきて富士山が見えてきた。鎖場のある急下りを過ぎ急登を繰り返し登り切ったところが白石峠分岐。大室山は10分ほどで頂上。頂上は樹林で囲まれてほとんど展望もきかず、道標がなければ気づかず通り過ぎてしまうかも。講師の計らいで白石峠のほうの木道まで進む。そこはトリカブトやバイケイソウが群生しているところ。来た道を引き返し避難小屋まで下り休憩。身支度を整え西丹沢自然教室まで下る。天気は晴れてきて、沢の緑と水が光を受けてキラキラと綺麗でした。西丹沢自然教室でストレッチをして解散。
中川温泉に向かいました。

-601-1.jpg

P1050610-1.jpg
                           

[ 2013/06/08 17:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

高千穂峰 韓国岳 開門岳

高千穂峰 韓国岳 開門岳 

 山域・ルート  宮崎県の高千穂峰・韓国岳  鹿児島県の開門岳 ともにピークハント
 山行目的    観光も兼ねて百名山二座を堪能する。
 山行期間    2013年5月17日~5月19日
 参加者      CL/T  SL/M S C W  計5名 
 ルート コース  羽田空港JALカウンター 5時50分集合
            行き  羽田発06:20~鹿児島着08:10
                 終日レンタカー
            帰り  鹿児島21:30~23:20着

5月17日 鹿児島空港9:00~ 10:00霧島神宮10:50~11:05高千穂河原11:15
~13:05高千穂峰13:15~14:00高千穂河原~もみじ周遊コース15:00着
~15:30国民宿舎えびの高原荘泊

鹿児島はうす曇、半袖でも良い位の気候です。
Sさんがあらかじめ予約をしてくれているオリックス自動車へ直行し、隼人のホーム       
センターでガスカートリッジをゲット、荘厳な霧島神宮で山行祈願をして、登山開始です。
古宮址やミヤマキリシマつつじに目を奪われながら石畳を過ぎ、樹林を抜けると
ごろごろ石とザレた急坂に格闘です。(スパッツを付けたのは正解。)
湿り気のある風は強く、深いザレに足をとられ疲れますが、霧の合間から見える、ミヤマ       
キリシマで真っ赤に染まった高千穂峰は見事で、励みとなります。   
寒さも増し、御鉢でレインウエアーを着込み、もうひと頑張り。
馬の背では風速10~20m程にもなり、吹き飛ばされそうでした。
「天の逆鉾」の高千穂峰山頂(1574m)は視界悪く、昼食も早々に一機に下山。
温泉と宮崎牛ステーキの会席には満足の一日でした。       
        

18日 宿8:00~韓国岳登山口8:37~9:25韓国岳9:40~10:20登山口
~知覧特攻平和会館~指宿神社(揖宿神社)~指宿シーサイドホテル泊
        
登山口の階段そばの硫黄岳は噴煙を上げています。
右の登山道を二合目、三合目と、標高を上げて行くと眼下に街並みが見えます。
昨日に比べ足場もしっかりしていて登りやすく安心です。
九合目辺りから霧がかかり、十合目の韓国岳頂上(1700m)は残念状態・・・
霧島連山の中でも韓国岳は、特に霧がかかり易い山との事、納得です。
時間もたっぷりあるので、知覧の特攻平和会館へとドライブしました。
綺麗に刈り込まれた街路樹と燈籠、桜並木の知覧の街はもの悲しくもあり、
胸に詰まされるものを感じながら会館をあとにしました。
Mさんの菩提の揖宿神宮も無事に見つかり、お参りもできました。
指宿といえば砂蒸し温泉、潮騒を子守唄にうつらうつら、極楽でした。     


19日 宿8:00~8:30二合目登山口8:47~11:10韓国岳頂上11:25~13:00登山口
         ~池田湖~鹿児島空港

朝からの雨、駄目もとで登山口(二合目)へ。
雨脚も弱目なので出発、鬱蒼とした樹林道を40分ほど進むと、展望台にでます。
急登は四合目辺りから。
雨で滑りやすいので、七合目からの岩場は慎重な足取りとなりました。
カタツムリのように、グルッと廻り込んだ登山道を登り詰めると韓国岳山頂(924m)。
雨は止んでいますが、皇太子殿下登頂岩を確認のみでした。
下山途中から雨脚強くなり、すれ違った団体さんは可哀想でした。
下界は皮肉にも晴れ間も見られ、ドライブ日和。
池田湖の大うなぎを観て鹿児島空港へ、途中、Sさんとはお別れです。ズッと運転をして      
頂き、有難うございました。とても楽しかったですね。
飛行機の不具合で二時間半遅れましたが、無事に羽田に着きました。


※ 国民宿舎えびの高原荘ではモンベル会員証を提示すると一人千円割引です。
P5170149.jpeg

P5170152.jpeg

P5170162.jpeg

P5170172.jpeg

P5180183.jpeg

P5190190.jpeg

[ 2013/06/08 17:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)