FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

黒斑山

黒斑山
2013/02/22
メンバー:3名
天気:快晴
ルート:東京駅(6:24)→佐久平(7:42)(8:20)車坂峠ビジターセンター(9:28)→トーミの頭(11:40)→
黒斑山(11:55)→車坂峠ビジターセンター(13:52)→常磐館(雲之助湯)→佐久平駅(17:14)

佐久平駅から車坂峠までの道は雪の為4WDでもダッチロール状態、途中と止まっているボーダー車を
横目に駐車場に到着、7〜8台の先着がいました。
準備をしていると次から次到着して来ました
我々は良いタイミングの到着でした
天気は晴天、気温は結構寒い、トーミの頭までは八ヶ岳などのロケーションは最高!
避難小屋を過ぎたら浅間山の絶景が突然目の中に
トーミの頭に取り付いている方が10数名、アイゼン無しで僕らは登り切る
浅間山の全景が、良いですね
そこから黒斑山までは樹林帯と尾根を通り20分ぐらい
黒斑山からは火口からの噴煙見え、地球は生きていました
下山は時間を掛けながらゆっくり下山
下山後は「菱野温泉」汗を流し、帰路に着きました

来年も来ます
次回は「高峰温泉」に宿泊しての登山を計画します。

今回のルート
ルート

朝の駐車場
P2230907.jpg

表コースを高度を上げています
P2230912.jpg

避難小屋見えません、雪が多すぎ
P2230916.jpg

人がトーミの頭に取り付いています
P2230919.jpg

黒斑山頂からトーミの頭をパチリ
P2230926.jpg

常磐館の「雲之助湯」
P2230934.jpg
スポンサーサイト



[ 2013/02/24 08:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

筑波山

筑波山
日時 2013、2、3(日)
参加者:6名
1名こぶしの会のOGです。(筑波市在住)
7時発の筑波エキスプレスに乗車予定でしたが、皆が早く集合したのでその前に乗車
できました。50分余りで筑波駅に到着した。iさんのお知り合いと聞き、てっきり
男性かと思いきや可愛らしい若いお嬢さんだったので皆びっくり。
先日のこぶしの会のOB会で再開したそうです。
早速8時発のシャトルバスに乗車し、一路筑波山へ、車窓から双耳峰の姿が見える。
登り始めは神社にお参りしてから、女体山をめざす白雲橋コースを行く。昔から人々から愛され、良く登られた山で、万葉集にも数々歌われ、パワースポットでもあります。
時々階段、岩場、ほどほどの距離など低山にはぴったりの山です。
ゆっくり、のんびりと歩きました。女体山頂上付近では野鳥観察の人たちがカメラを構えていました。天気はまずまずですが風が冷たく昼食もそこそこに休憩を切り上げました。
女体山、男体山頂上は展望が良く遠くまで見渡せました。
下りはケーブルカーに沿った登山道で快調に下ってきました。
神社近くのホテルで入浴休憩し、帰途につきました。
途中道間違えなどもありましたがたのしい山行でした。
ありがとうございました。     MM記


001_20130211155031.jpg

012_20130211155032.jpg

011_20130211155031.jpg
[ 2013/02/11 15:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

百蔵山、扇山

百蔵山、扇山

2013/2/2
参加メンバー:2名
コース:
猿橋(8:45)→名勝猿橋(9:00)→総合グランド分岐(9:28)→
百蔵山頂(10:37)→大久保山(12:15)→扇山(12:56)→鳥沢駅(14:24)

横浜自宅は傘を出しての出発、猿橋駅に着いてたら晴れ間だ出て来た
予報では暑くなると行っていたが・・・
名勝猿橋は小柄な繊細に造られている橋で、渓谷に架かる綺麗な所でした
ここからいよいよ登り、総合グランド手前位から吹き出す汗は半端の量ではばい
民家がなくなった所でアンダーシャツ一枚に着替え、本日は夏の気候
今回は2人と言う事も有り快調なスピード
富士山もだんだん姿を現し、吹く風は初夏を感じさせる登りです
百蔵山からの下りは北斜面はまだ雪が残っていて滑りまくり
アイゼンを出そうか迷ったがそのまま続投
こんなに天気が良いのに扇山まで遭った山行者は3名でした
扇山からの下りは南斜面で雪は無く快適な下りでした
リーダーには可哀想でしたがスピード重視のトレーニング山行になってしまいました。

今回のルート(青色)
202001.jpg

名勝猿橋
202002.jpg

猿橋から見た風景
202003.jpg

総合グランド分岐
202005.jpg

富士山が綺麗
202004.jpg

足場が悪い
202006.jpg

扇山山頂は夏でした
202007.jpg
[ 2013/02/03 03:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

冨山、伊予ヶ岳

     新年山行(冨山、伊予ヶ岳)
日時:2013年1月26~27日
参加者:5名

久里浜駅に7:15分に集合し、バスで久里浜港に出発。
かなり風が吹いている。
8:20分発金谷9:00着、船内はがらがらほとんどひとはいない。
天気は良いが風がかなり吹いている。内房線浜金谷から岩井までの
移動は3駅コミニュティバスで登山口まで行きます。
登山口の平群天神社には大型バスも止 まってかなりの人が出ている。
伊予ヶ岳は安房の妙義山とよばれているので、岩場、
クサリなどが続くかなりけわしいところ、さすがです。
南、北からなる山で展望が良くこれから登る富山も良く見える。
予ヶ岳を下山後道路の移動に1,5時間歩き傾斜のきつい登り坂を行くと
まもなく南総里見八犬伝で有名な富山に到着、こちらも南峰、
北峰の双耳峰で北には公園のように整備された展望台が設けられている。
千葉県は暖かくすいせんの真っ盛りでゆっくりのんびりの山歩きを楽しんだ。
感想:
iさん メンバーが良かった。
isoさん 風が強かったが良きパートナーに恵まれ、
    またクサリ場などの岩山体験ができ、楽しかった。
tさん メンバーが良く盛り上がりました。景色も良かった。
sさん お天気にも恵まれ、少人数でしたがめちゃくちゃ楽しかった。
mさん 天気が良く思った以上に展望も良く楽し山行でした。

民宿 魚赤さんのサービスもとても良かった。

ご参加の皆様ありがとうございました。
[ 2013/02/03 01:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)