FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

読図 仏果山

仏果山 (読図)トレーニング
2012/11/24
参加者:6名
天気:くもり〜晴れ〜くもり
ルート:本厚木8:40→仏果山登山口9:33→分岐10:54→山頂12:10 12:54
リッチランド下降分岐14:04→リッチランド14:33
天気予報では本日は天気回復と予報、7:25本厚木は小雨が残っていた
バスに乗り登山口まではワイパーが止まる事なく稼働
宮ヶ瀬登山口ではギリギリ雨が小康状態
山道を上がり少しすると木漏れ日が出るくらい天気は回復
本日の目的は読図レーニングMさんの下、皆さん真剣に習得していました
皆さん読図は絶対に身につけて下さい、自己責任で自分を守る道具です
地図を見ながらの山行でしたので汗もかく事もなくリッチランドへの下り
下り道は踏み後が落ち葉で隠れていて見えづらく
他に歩いている気配は薄く、結構傾斜がありました
無事、リッチランドへ下山、でも雰囲気でお風呂をはパスし本厚木で本日の反省会
日頃、地図を25000/は使わない方が多くなりましたが
登山は何があるかしれませんので活用術は身につけて下さい

コンパス見ながら真剣顔
PB240008_convert_20121124215650.jpg

山頂での昼食、Mさん甘酒ゴチでした
PB240014_convert_20121124215734.jpg

展望台からの絶景
PB240015_convert_20121124215815.jpg

紅葉
PB240020_convert_20121124215859.jpg

写真では勾配が出ていませんが結構な下り
PB240022_convert_20121124215955.jpg
スポンサーサイト



[ 2012/11/24 22:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

笹子雁ガ腹摺山

笹子雁ガ腹摺山

11月10日(土)
天候:晴天
メンバー:4名
コース:東神奈川5:37→笹子駅7:33→登山入口8:24→矢立の杉9:09→
    笹子峠9:55→山頂10:45 11:09→直登ルート登山口12:18→
    笹一酒造13:20・・・・

秋の天候に恵まれ笹子雁ガ腹摺山と本命の笹一酒造新酒フェアー
に行ってきました
駅に降り立つ人は結構な人数でしたが私たちのコースは4人のみで
物静かで紅葉が青空に生えるタイミングの山行でした
いにしえの甲州街道を笹子峠まで歩き、途中矢立の杉とご対面
良く立っているなと感心しました
峠からは登りはそんなにはキツく無く途中からの
富士山が綺麗に見えました
山頂は20人ほどが昼食を個々おもい思いのスタイルで
食を摂っていました
帰りは直登ルートを一気の下山、登って来る人は結構キツそうでした
下山後は笹一酒造へ猛スピードで駆け込みました
中は座る所ない大盛況ぶりでした、今年の日本酒は柔らかで、
喉越しがとても良かったです
特に赤ワインが甲州ワインらしく無く
欧州ワインに引けをとらない味覚でした
来年も絶対行きます。。。


紅葉が綺麗でした
PB100006_convert_20121111080052.jpg

良くたっています
PB100010_convert_20121111080318.jpg

好い色です
PB100017_convert_20121111080355.jpg

南アルプス、間ノ岳がもう白いです
PB100022_convert_20121111080432.jpg

こんな感じでにぎわっていました。
PB100026_convert_20121111080509.jpg

[ 2012/11/11 08:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

紅葉の涸沢と北穂高岳

紅葉の涸沢と北穂高岳
10月4日~10月9日  MT 会員外1名

10月4日(木)
横浜YCAT21時30分(さわやか信州号)

10月5日(金)快晴
上高地6時、虹が迎えてくれ嬉しい幸先。
紅葉にはまだ早いが空気はさすがに冷んやりとしている。
徳沢で赤く色づく木々ちらほら。テント20張位。
横尾の人の多さに驚く。30張以上のテント在り。
橋を渡ると俄然人の流れ少なく、本谷橋尾では清流が運んでくれる
爽やかな風が心地よい。
涸沢、1時15分着。
紅葉真っ盛り。6年ぶりの美しい紅葉との事、ラッキー!
1

300張以上のテントの中、場所選べず ゴツゴツ石のところに設営。
ザックの上にマットを敷く。 
涸沢ヒュッテで夕食、慌しいので今回のみ。

10月6日(土)晴れ
夜中の雨が嘘のよう。
片されたテント場に移動、出入りが楽になる。
7時20分、北穂高岳に向かう。ゆっくりの出発のためか行列も無くスムース。
鎖場と梯子で2,3組のパーティ-を待つが、あとは連なる事も無く、ガレと岩を
慎重に進み、10時20分登頂!
2

頂上、小屋とも混雑していたが(2枚の布団に5人との事)、喫茶室でカレー、コーヒーと           
至福のひと時を過ごし下山へ。
登りの人達や、鎖場で詰まったりで時間が多少オーバーしたが3時30分テント場到着。
涸沢は大混雑でテント700張以上、小屋は1枚の布団に3人との事で、テント泊で正解。
ただしトイレは30分待ちの大行列。
夜中雨
10月7日(日) 晴れ
初冠雪で奥穂高は輝いている。青空、紅葉が一層際立たせる。
3

アイゼン無しの登山は控えるようにとの小屋からの通達。それでも登山者の列は続く。
(北穂で遭難者出る。)
我々はひがら一日涸沢で紅葉狩り。
満天の星!!
10月8日(月) 晴れ
ザイテングラードで遭難者。
8時涸沢をあとにする。14時「森のリゾート小梨」にテント設営、早速風呂へ。極楽デス。
※風呂400円 とても綺麗。


10月9日(火) 晴れ
8時テント片ずけ、バスターミナルにザックを置き、嘉門次小屋まで右岸の小道を行く。
4

いわな定食をいただき、14時のバスに乗る。19時30分横浜着。
※ 女性2人の長いテント泊、幸運にも天候に恵まれパーフェクトの山行となりました。   
     
[ 2012/11/02 23:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)