FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

雪トレ (天神平)

雪トレ (天神平)
2011/12/22~23
参加者:5名 指導者:1名
天気:雪 (一時、突風)
気温:-10 (体感-15)
内容:歩行訓練(雪の団体行動)、ラッセル、滑落停止と確保、その他
コース:横浜21:00→天神平25:30
    起床6:50→ゴンドラ8:10→訓練→頂上ゴンドラ15:10→湯メレテ

今回の宿はいつもは土合駅(ステーションビバーク)が恒例ですが
天神平ゴンドラチケット売り場(6F)での仮眠となりました
天気予報では寒気団が来ているので雪予報でしたが水上IC前では白い物がちらほら
土合駅からは車の後は無く我がチームだけが売り場ビバークでした
なんとここは床暖房で寒さ知らずでの仮眠となりました(就寝は27:30ごろかな・・・)

翌朝は強風のため出発が遅れていますと係の方のアナウンス
減速運転でスタートしたのは良いが結構強風が吹いているので、尾根付近を想像したが・・・
(あまり考えない事に)

山頂に着いて感じた事は、強風のためゲレンデリフトは一部中止、・・今日は厳しい訓練になるぞ・・
とにかく写真の方が説得力が有りますので解説は省きます

是非皆様も参加してください
講師の方ありがとうございました。

M軍団トップ2が参上・・
7385

リーダーKさん完全装備でのラッセル初出動
7388

力強いです、後から着いていきますM軍団様。
7390

寒さの中のワカン付けに小手づるWさん
7392

親身な指導の講師Kさん(黄色の洋服)
写真を拡大してして下さい、雪の流れるのが見えます・・寒いです。
7397

かじかむ手での作業でも笑顔のM軍団
7399






スポンサーサイト



[ 2011/12/24 13:38 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

大菩薩嶺

大菩薩嶺 (こぶしの会忘年山行)
2011/12/17~18

参加者:11名
天候:晴天
コース:塩山駅9:25 → 10:00登山口バス停10:13→ 丸川峠分岐10:36→ 12:44丸川峠13:11→ 14:06大菩薩嶺→ 介山荘15:52
    
    介山荘7:42→ 勝緑荘8:07→ 福ちゃん荘8:21→ 上日川峠8:44→ 登山口バス停10:23→ 大菩薩の湯10:30

今年の忘年山行は大菩薩嶺と言う事で多くの参加者が来てくれました
天気予報では今年一番の寒気団が来ているので寒さが厳しいでしょうと言っており
寒さ対策は全員してきたが稜線と朝夕は結構寒かった
介山荘の情報では気温-10度、風がある事所は体感温度-16度とのこと

雪は北斜面は残っていましたがアイゼンは必要ない程度
でも心配な方はストックが有るとこの時期は心強い
やはり湿度が無い雪の踏みしめる音は心地良くて、何とも言えませんね

介山荘に入ると天国でした
山小屋全体が暖かい事と、寝る部屋と宴会(食事)部屋が各団体に確保されていて
自分たちのプライバシーが保たれているのがいいね!
食事には1.8リットル白ワインの提供があり飲み放題の感じでした(無料は1本だけ)
この時期は40名以上は予約を取らないそうです(宴会場所を確保するため)
是非行ってみて下さい。

今回のリーダーの計画書は隊列まで決まっていて、脚力を考えた配分で
統制が乱れずすばらしい計画でした

*元気よく登山口を出発
7348

*隊列が乱れない(軍隊か?)
7352

*丸川峠
7354

*介山荘が見え始めてからは体感温度-16度
7363

*翌朝のご来光6:40分、スカイツリー。ランドマーク。筑波山まで見えました。
7372
634はのっぽで高いです。。(写真にはおさめる事が出来ませんでした)


[ 2011/12/19 07:42 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

大菩薩山稜、滝子山を歩く

大菩薩山稜、滝子山を歩く。
日時 2011、11、5(土)
参加者:6名

毎年のように歩いている道、参加者のほとんどはルート経験者です。桜森林公園からのルート、寂しょう尾根からの登りは、上級者向けとネットに載っているせいか、人もまばらである。登山口から2,30分も歩くと林道が見えてくる。それを横断すると広葉樹林の気持ちの良い道が続く。しかしこれからが岩場の寂しょう尾根コース、だんだん険しい道になる。しかし手掛かり足掛かりがしっかりしているし、所どころにロープも設けられていてゆっくり登れば危険はない。快晴とはいわないが、富士山や三ツ峠山の姿も仰ぎみられ気分は上場で苦しさは感じない。初体験者も難なく歩いている。(後で聞くとかなりしんどい思いをした。との感想)頂上につくとそれなりの人出があり、皆、沢筋の道を登ってきたようだ。我々には次の目的があるので、昼食もそこそこに下山を開始する。
登りスローペースだった石川さんが俄然スピードアップする。沢沿いには赤や黄色の紅葉が美しく本当に気持ちが良い。めいめい写真を撮りながら順調に下山した。
いつも思うが歩道歩きが長い、はやる気持ちを抑えつつ3時には打ち上げの場所笹一酒造に到着する。いつもより早い。なんとげんきんなことでしょう。
それから終了の4時半まで楽しんだのは言うまでもない。
[ 2011/12/04 20:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

岳ノ台~菩提峠~ヤビツ峠  読図

町主催・読図山行(岳ノ台~菩提峠~ヤビツ峠)1201

日時・11月25日(金)
参加者・13名(町職員2名)

私の住んでいる町主催の読図講習会に参加いたしました。昨年に引き続き今年で2回目の参加です。
2回の机上学習を経て、今年の実地読図山行は丹沢、岳ノ台でした。ルートはいたって簡単。ゆっくりとプロの先生の説明、町職員の方の説明などで、より一層の理解を深める山行となりました。コンパスで目的地への地図の読み方・山座同定はなんとか理解はできますが、この先生はクロスベアリングの方法、単測方位法などで、自分の居る場所を測定する方法をも、教えてくださいました。すごい!
ここまできたら、しっかりと自分のものにして読図を極めたい~、なんて思っていました。
コンパスはやらないと何故か忘れそうになるので、山行には常に携帯し、いつも出せる状態で地図を見なくては・・!そんな、反省もしました。
また、先生による「今ここの場所はどこですか?」の場所を探す読図は、とても大事だと思いました。
先生のその答えに、私は間違ってしまいました。周りの景色や地形をよく見る。分かってはいたのですが、それも大事な事でした。
鉄塔近くでの雷を避ける範囲場所は?磁石のきかない場所は?など理解も増えました。
反省やいろんな学習で、本当に充実した読図山行でもありました。
12011



[ 2011/12/01 22:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)