FC2ブログ

「横浜こぶしの会」山行ログ

山岳会の活動内容

高柄山

高柄山

山行期間:平成27年3月14日

参加者:5名
   
ルート、コースタイム:
四方津駅 8:50スタート →お座敷の松10:15 →大丸山頂10:30 →高柄山山頂11:10→ (昼食)11:35→ 新矢ノ根峠12:05 →御前山分岐12:45 →林道出合13:10 →上野原駅13:45  14時4分の高尾行きに乗る。

天候:薄曇から曇

【歩行時間】 4時間30分

四方津駅改札で本日のコースを確認。夕方から役員会があるということで当初の予定よりコースを短縮することとした。
改札を出て左側(大月方面)線路伝いにしばらく進んで、地下道で路線をくぐったら、上野原方面へ進んで歩く。しばらくすると高柄山の標識があり、これに従い桂川を渡る。しばらく住宅の間の登り坂を歩いてから、短縮コースはもっと上野原よりまで歩いて川を渡らなければならなかったことに気が付いた。戻ろうかと相談したが、当初のコースを歩くことにした。
登山道に入る前に各自ストレッチを行う。塩澤さんに、役員会に間に合うペースでと先頭をお願いした。要所に道標があり、踏み跡もしっかりしていて迷う心配はない。
「お座敷の松」は北側四方津駅方面の見晴らしが良いが、南側が舗装された林道で残念。このあと、何度か林道の脇を歩く。この後しばらくは、傾斜のすくない登山路だが、大丸を過ぎた辺りから高柄山までの登りがきつかった。
高柄山山頂からの展望は今一つ、北側はどんより曇った空の向こうに雪をかぶった山がうっすら見える程度でした。山頂でお昼ご飯を食べている間に、陽が陰ってきて冷えてきたので早々に切り上げ下山。
急な植林の間をジグザグに下っていく。下っては登りをこれでもかと繰り返し閉口する。新矢ノ根峠には
  ゴルフ場造成のためか新しく付け替えられた道の説明標識があり、標識に従い進む。この後も登り下りが続
  き、林道はまだかまだかと思いながら下る。
   林道は沢をわたり沢の右側上の道を歩くと住宅が見え始め、途中に山梨県指定天然記念樹のむくの木
  の写真を撮って駅まで歩いた。秋山温泉へのバス時間まで1時間以上あるので、役員メンバーとともに
  帰ることにした。 低山ながら歩きごたえのある山でした。 
※反省と教訓
  道標にとらわれず、分岐では進行方向を確認する。
  予定時間を考え、あまり急ぎすぎない。


-IMG_1509.jpg
スポンサーサイト



[ 2015/03/26 12:08 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

梅酒(小田原梅)

番外編 「梅酒」仕込みました。

本日、小田原産の梅で梅酒を仕込みました
梅、1,25kg
ホワイトリッカー2.3L
氷砂糖600g

今年は大きめの容器で仕込みました
山行とはあまり関係ありませんが、山行報告の合間にこれからは
四季折々の目線で報告していきます。

来年が楽しみです
因に昨年仕込んだ梅酒は炭酸と割るとなかなか行けます
今年はいつもと違い、梅を乾拭きでは無く、日光で乾かしました
来年の味か楽しみです。


P6090053_convert_20140609150640.jpg
[ 2014/06/09 15:20 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

長者ヶ岳から天子ヶ岳(天子山系)

長者ヶ岳から天子ヶ岳(天子山系)
山行日:2013年1月4日(金曜日)
参加者:4名

天候:晴れ
JR身延線富士駅8:50⇒富士宮駅9:10
富士宮9:17発のバスに乗車し休暇村富士下車

休暇村富士10:20→東海道自然歩道出合11:10→長者ヶ岳山頂12:20(昼食)12:45発
→天子ヶ岳山頂13:30→林道横断14:45→白糸の滝15:30  歩行時間約4時間30分

帰路:白糸の滝バス停16:20⇒JR富士宮駅

 バスの中からは、裾野が大きく広がる富士山が青空のど真ん中に雄大な姿。
 バスを降り、休暇村でトイレを済ませ準備体操の後出発しました。しばらく舗装道を歩くと「東海道自然歩道●●m」の標識が有り登山道へ。朝の寒さで充分に着込んできたせいもあり30分もしないうちに衣服調整。風もなく日差しが思いのほか暖かった。自然歩道と合流するとベンチがあり、田貫湖を隔てて富士山を望むことができました。
 長者ヶ岳山頂では、2〜3組の登山者はいましたがテーブルを確保することができ、お湯を沸かして各自昼食をとりました。
 頂上からは富士山はもちろんのこと雪を真っ白にかぶった南アルプスの山々を望むことができました。
 さすがにじっとしていると寒くなり昼食後早々に天子ヶ岳へ。
 下山路は多少急なジグザクの道。雑木林の中に入ると傾斜は緩やかになりました。登山路下山路共に総じて歩きやすく標識も要所に整備されていました。
 白糸の滝近くから再び見る富士山は、冠雪した富士の頭と、裾野を真ん中で分断するように、横に長く伸びる雲がありました。
 取り付きまで大変遠い山行へお付き合い下さった皆さまに感謝。ずっと行きたかった山にこんな好天の日に登ることができました。ありがとうございます。

○富士宮駅からバスの乗車までの時間が短く危うく乗遅れるところを、運転手さんにお願いして1分程発車を待っていただきました。パスモが利用できないことを周知のうえ、現金で切符を購入しておけば、このようなことにはならなかったかと反省。

○白糸の滝が周辺整備工事のため、遠くからしか見ることができませんでした。事前に調べておけば、別の(温泉とか)行程を組めたかな?
[ 2013/01/08 00:12 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)

秘湯赤湯と苗場山

秘湯赤湯と苗場山
月日:6月23日~24日
参加者:5名
天候:晴れ

タクシー料金:越後湯沢→小日橋 ¥12000
        :和田小屋→江神温泉 ¥6500
コースタイム
6月23日(土)
【東京駅】7:00→【越後湯沢】8:11 8:45→【小日橋】9:20 9:30→
【見返りの松】11:02→【赤湯 山口館】12:00
6月24日(日)
【赤湯 山口館】5:00→【苗場山頂】11:05→【雷清水】12:15→
【和田小屋】14:34→【湯沢駅前 江神温泉】→【中野そばや】

新幹線とタクシーの乗り継ぎでのアクセスは便利ですね
途中苗場プリンスから道は狭くワゴンタクシーはガラガラ
言いながら進んでいきました
台風4号の影響で「小日橋」までが車が入れる最終地点でした

赤湯山口館まで小さな崩落はあったが、大きな崩落は無く順調な歩行が出来ました
明日の準備運動が来ました

赤湯に着いたのは昼過ぎ早速温泉に入り、湯上りのビールを頂き
山小屋の主人といろいろ談議をしていたら、昨日まで温泉を清掃
流木の片付けなどで大変だったそうです
台風4号で温泉が川の流れに埋もれに、ドロを掃除をしたそうです
ランプの宿で何度でも足を延ばしたい山小屋でした
今度は忘年山行で貸し切りで騒ぎたいと思いました

翌日も快晴の天気、こちらからの登山客は現在は少なそうで
山道も踏み跡が寂しそうですが、ブナの木々が新緑で色鮮やかで気持ちいい山道です

尾根に入り台風の爪痕がかなり酷く、倒木が歩行を邪魔にする所もありました
山頂直下の鎖場は疲労と暑さで緊張感がちょっと走りましたが無事クリアしました

山頂はまだ春を迎えた時期でこれからが花の季節、ちょっと花には早い時期でした

赤湯からの山道はブナが綺麗で気持ちいい山道でしたが、山頂からの下りはガラ岩の
連続で魅力が足りませんでした。

棒沢の橋
棒沢

山口館別館、軒先きが昭和をかもし出しています
山口館

赤湯でパシャリ
赤湯

我が元気印の山ガール?
出発

残雪と花の微妙な季節
はな

山頂直下の鎖場
山頂直下

山頂はまだまだ雪
山頂雪

和田小屋までの下り方向
下り
[ 2012/06/25 22:34 ] 中高年登山 | TB(1) | CM(0)

GW-東北の旅

GW-角館(桜、水芭蕉、カタクリ)
投稿:HW

GW初日4/28~30秋田角館武家屋敷しだれ桜と偶然見つけた「刺巻湿原」の水芭蕉、カタクリの群生を
ちょっとだけ写真を載せます。
角館の武家屋敷の花見はちょうど今年は満開という事で人出はかなりの人でした
気温も暖かくてアイスクリームが美味しい季節でした
盛岡に抜ける街道沿いに水芭蕉群生している「刺巻湿原」を発見
これだけの水芭蕉が咲いているのは圧巻です
奥にはカタクリの花も満開こちらもすごいです

武家屋敷のしだれ桜
1927

川沿いの2万本の桜
1938

「刺巻湿原」水芭蕉をバックに!
7608

ピントが悪いですが赤い花がカタクリです。
7612

[ 2012/05/06 05:47 ] 中高年登山 | TB(0) | CM(0)